ラ・トランキリテ・ドゥ・レスプリ - 豊橋(フランス料理・フレンチ)

フレンチ

ラ・トランキリテ・ドゥ・レスプリ | 豊橋の隠れ家フレンチ【現在は安曇野に移転】

投稿日:2011年4月25日 更新日:




豊橋の隠れ家フレンチで特別なランチ

よく晴れた月曜の昼、今日はどこのレストランに行こう?というわけで、浜松からすこし足を伸ばして豊橋にある隠れ家フレンチに行ってみる。

ソムリエの自宅に招かれたような気分の店内

レストラン ラ トランキリテ ドゥ レスプリ
Restaurant La Tranquillité de l’esprit

https://www.wr-salt.com/tuile/

こちらのオーナーの小川原さんは豊橋のレストラン・アモンダンでマネージャー・ソムリエを務めていた方。

洒落ている雰囲気の店内

Tranquilite(トランキリテ)とはフランス語で「静けさ」とか「穏やかさ」のこと。

親しい友人をソムリエの自宅に招いておもてなしするような気持ちで・・ゆったりとくつろいでいただきたい、というコンセプト。お食事のあとに食後酒やシガーを楽しむためのサロンも用意されています。

窓から庭を眺めつつくつろげる

国道一号線沿いにありながら、ぐるっと回りこんで入るアプローチが隠れ家気分を盛り上げる。粋な演出。

カジュアルで洗練されたテーブルセット

今日は特別に、夜のメニューを食べさせてもらったよ。

北海道産のぶどうジュース

北海道のぶどうのジュース。旨い。

ブーランジェリー・カセル製の特注パン

富塚のブーランジェリー・カセル製の特注パン

バター

美しくカットされたバター

ピカピカに磨かれたカトラリー

カトラリーはややカジュアルでかわいい。繊細なグラスがかわいい

オマールと野菜の前菜

半生に仕上げられたオマールと野菜の前菜。

半生のオマールがおいしそう

それぞれの素材に対する火通しが完璧。

肉厚のフレッシュな帆立

肉厚のフレッシュな帆立、乳白色が引き立つように黒い皿で。

金華豚のメイン料理

まるで「生」かと見まごうほどのロゼに仕上げられた金華豚!!

ロゼの仕上がりは生かと見紛うほど

これは美味しい。すばらしい。

グリンピースの緑色が美しいデセール

グリン・ピースと蓮根を使ったデセール

白いカップのカフェ

カフェ

温かみがあって清潔な店内

お店のオーナー・シェフ・ソムリエの小川原さんの考える世界観をひとつのかたちにした店。

ソムリエの自宅に招かれたような気分で、美味しい料理と穏やかなひとときを楽しむ。

オーニングごしに青い空が見える

取り澄ましたところがなく、それでいて洒落た雰囲気は心地良い。クラシックとモダンの融合のようにも思えた。大人のための店。よかった。

ちなみに・・現在こちらのお店は閉店し、安曇野にオーベルジュとして移転しています。

オーベルジュ ラ ヴィ トランキーユ
AUBERGE LAVIE TRANQUILLE

http://www.azumino-auberge.com/

フレンチ

Copyright© ぱくるり@浜松 , 2019 All Rights Reserved.