鰻料理専門店 曳馬野(ひくまの) - 田町(うなぎ)

うなぎ

田町「うなぎ料理専門店 曳馬野」でワインとひつまぶし。

投稿日:2016年8月21日 更新日:




街なかの老舗うなぎ店で夕食

日曜の晩。昨年末ランチでお邪魔した「鰻料理専門店 曳馬野」を再訪。前回訪問した時にワインリストの充実ぶりが気になっていた。

曳馬野の営業時間・アクセス

鰻料理専門店 曳馬野
静岡県浜松市中区田町322−3
11:30〜14:00、17:00〜20:00
水曜定休
ホームページ
Facebook

まずは「エビス瓶」注文。今日も暑かった。

お通しは「ざる豆腐と酒盗のオリーブオイル和え」と「骨せんべい」。酒盗うまし。

つまむものをもう一品。「肝焼き」。タレがきれいに飾ってある。小ぶりだけど美味い。

そろそろワイン頼みたいけどどうしようかな・・と相談すると、親方が出てきてくれた。まずは、昭和40年創業の老舗うなぎ屋でワイン・・?という疑問をぶつけてみた。

なんでも、お客さんの要望で始まったことらしい。鰻にワインがあうというお客さんのリクエストに応えて、ワイン持込みを許可。しかも持ち込み料無料で。でもラッパ飲みさせるわけにいかないから、ワイングラスだけを置きはじめたんだそうだ。その後徐々にワインを置くようになったとか。普通は老舗というと尊大になりがちなものだけど、どれだけ柔軟なのか。すごい。

さて、幾つかの親方おすすめの中から「モンテプルチアーノ ダブルッツォ」を頼んでみた。親方みずから抜栓してくれた。

うん、これおいしい。ちなみにグラスワインは無いため、ボトルで注文しなければならない。飲みきれなかったボトルはお持ち帰りさせてくれます。さて、そろそろメインのうなぎを。

今日はお重ではなく「まぶし」にしてみた。ひつまぶし。薬味、だし汁、香物、肝吸いが付く。旨い。タレはさっぱりめだけど食べごたえ十分。おいしい。

ご飯の炊き加減もちょうどよく、うなぎとの馴染みがいい。

日本酒を注文。喜久酔の純米にした。ほかに磯自慢とか臥龍梅も頼める。

ひつまぶしの食べ方にならって、三通りの食べ方が楽しめる。まずはそのまま。次は薬味(ねぎ・わさび・ごま)を添えて。

最後は薬味を添えてお出汁をかけて。おいしすぎて写真を撮る暇もなかった。おいしかった。大満足。料理の味は勿論だけど、親方や従業員の方の雰囲気も素晴らしい。心の通った接客、心の通った味。そう、僕はこういう店で食事がしたいんだ。お会計は二人で1万円ちょっとだったか。安い。余ったワインもワインバッグでしっかり持ち帰らせてくれる。うれしい。また来ます。ごちそうさまでした!

うなぎ

Copyright© ぱくるり@浜松 , 2019 All Rights Reserved.