三須 - 曳馬(日本料理・和食)

和食 忘れ得ぬ味

「日本料理 三須」で心が満たされる時間を過ごす。

投稿日:2016年11月4日 更新日:




曳馬の「三須」で上質な日本料理を堪能

曳馬駅からほど近い「日本料理 三須」へ。

できれば2日前までの予約がおすすめ

こちらのお店をしっかりと楽しむには予約が欠かせない。2日前までに予約するというほんの小さな行為が、完璧なるタイミングと完璧なるおもてなしに守られた完璧なテーブルを僕らにくれる。

とはいえ、当日予約もOKみたい。ホームページの説明文を転載しとこ。

※当日のご予約について
基本的にはコース料理となりますが、予約の状況で単品料理(小鉢、刺身、焼魚等)もご用意させて頂きます。気軽にお寄り頂き、お酒と一品料理を楽しむことも可能です。お刺身や茶そば、稲庭うどん等もご用意致します。ご来店前に、一本お電話をいただければ、その時の状況をお知らせできますので、お気軽にご連絡下さい。これからもお客様のご要望にできるだけ応えられるよう努力を重ねていきたいと思っております。

前菜が食欲を刺激する

前菜から。松茸、牡蠣、法蓮草・・よい香り、よい食感。お腹がぐんぐん空いてくる。

季節のきのこを使った椀物

椀物。季節のきのこを使った蒸し物。

出汁と旨みのふくよかさ。日本料理の醍醐味。口に含み五感で味わえば、しみじみと心に染みる。

お造りの旨さに舌を巻く

お造り。皿の上の全てに入念な仕事が施され、旨みが高められている。とくに〆鯖の旨さに舌を巻く。包丁による見事な切り口までもが味わいの対象。

女将さんが造りに合わせて選んでくれる日本酒もすばらしい。日高見の純米。「短稈渡船」という酒米の酒は初めていただいた。旨い。

懐石の八寸のような焚合せ

焚合せ。懐石の八寸のような趣向。「衣かつぎ」が妙に旨いと思ったら、中に浜納豆が仕込んであるとのこと。卵黄を柿に見立てた「柿玉子」。これ、どうやって食べたらいいだろう?

ぼく「これ、ひと口ですか?」
女将さん「(笑)  ひと口で食べたら勿体無いですよ」

なるほど。言われた通り一口かじってみると、じつにねっとりと濃厚な美味しさ。これは確かに一口で食べたら勿体無い。大切に味わった。

もう一種類、料理に合わせた日本酒を選んでもらった。喜楽長 三方良し 純米吟醸。お酒は女将さんの担当で、現在30〜40種の全国の地酒を取り揃えているらしい。

日本料理を戴くときにはやはり日本酒を楽しみたい。酒と料理は寄り添う二人、寄り添うふたりを引き立てる粋なうつわ。しっとりと濃密に流れる時間。日本料理は世界一贅沢な料理と言っても過言ではない。

季節を感じる焼き物

さて料理は焼き物へと進む。

もはや説明は要るまい。皿の上に表現された三須さんの仕事、ただ堪能するのみ。季節感がたまらない。

揚げ物はモダンな誂え

こちらは揚げ物。モダンなひと皿。

日本酒をもう一種類お願いしてた。不動 純米吟醸 ひやおろし。

水菓子で口をさっぱりと

水菓子。あと写真とりわすれたけど水菓子の前に御飯と汁物もあった。美味かったなー。

食後酒のふるまい

最後に大将が食後酒をふるまってくださった。

満寿泉の貴醸酒、とろりとして美味だった。名残惜しいひと時もこれでおしまい。全部で18,000円ぐらいだったと思う。素晴らしい。

この日の店内は偶然僕ら二人だけだったのでカウンターごしに大将・女将と差し向かいという贅沢な夜となった。折り目正しくユーモアと機知があり、なにより、もてなしの心の伝わる店。心が満たされる時間を満喫し帰途につけるしあわせをいただいた。また伺います、ごちそうさまでした。

日本料理 三須の営業時間・アクセス

日本料理 三須
静岡県浜松市中区曳馬4丁目20-28
18時~22時
日曜定休
ホームページ

和食 忘れ得ぬ味

Copyright© ぱくるり@浜松 , 2019 All Rights Reserved.