花鼓(はなつづみ) - 千歳町(和菓子)

和菓子

千歳「花鼓」は引き算の美学、上品な甘みの可憐な和菓子。

投稿日:2017年2月16日 更新日:




わらび餅を買いに千歳へおでかけ

千歳の和菓子店、花鼓。こちらで毎年春の時期に販売される「わらび餅」が絶品なのだ。今年もそろそろあるかな…と思い、行ってみた。すると残念、まだ早かった。

「御菓子司 花鼓(はなつづみ)」の営業時間・アクセス

御菓子司 花鼓(はなつづみ)
静岡県浜松市中区千歳町10
9:30-19:30
日曜定休

とはいえ店頭には可憐な和菓子が何種類か並んでいる。その中から2種類ほど買っていくことに。

白いお餅のなかにピンクが透けているのは、梅ごろもといったかな?羽二重餅。大変やわらかく、まるで赤ちゃんの耳たぶのよう。赤ちゃんの耳たぶ触ったことないけど、そんな感じ。そして甘みが上品。口に入れるとふわっと広がり、すっと退く。なんという儚さ。

洋菓子であれば上からチョコレートソースかけたり粉糖まぶしたりあれこれするわけだけど、対照的にじつに潔い、引き算の美学を感じる和菓子。もちろんこちらのお店が特別というわけでなく、和菓子全般の様式だと思うんだけど。それでも物足りなさとか食べたりなさを全く感じさせず、確かな存在感を放っているのは作り手の技量だと思われる。

うぐいすっぽいのも同様。そっけなさすら感じるなかに、どこか雅な雰囲気がある。おいしい。

やっぱり和菓子はいいナー。ごちそうさまでした。

和菓子

Copyright© ぱくるり@浜松 , 2019 All Rights Reserved.