龍光屋 - 北寺島(蕎麦屋・そば屋)

蕎麦・うどん カレー

味もボリュームも申し分なし。一度は食べたいカツカレー「龍光屋」

投稿日:2017年5月28日 更新日:




つけめんが名物の老舗そば屋、龍光屋。 某Blogで「じつはカツカレーもおいしい」という情報を読み、さっそく食べに行ってきました。

土曜日の12:45。混んでるかな・・と思ったら待たずに入れた。ありがたい。おかあさんから「こちらのテーブルで相席になりますが〜」と案内される。僕は全然OK。なにしろ混む店なのだ。

店内は8分の入りで、客の9割は名物のつけめんを食べている。一応お品書きを見る。「カレーつけめん」も食べてみたい・・でも今日は初志貫徹。「カツカレーください」

カツカレーはこちらの店のメニューとしては高い部類の1,000円。最高価格はチャーシューつけ麺1,050円。期待が高まる。

注文が通ると厨房の奥からとんかつを揚げる音が聞こえてくる。当然のように、都度揚げ。ランチタイムといえども揚げ置きのカツなど使わない。それが老舗の矜持。その間、先客のお一人様はつけめんを食べ終わって退店。僕はテーブルにひとりになった。

そしてカツカレーがソースと共にお盆で供された。見るからにボリューミー。ルーの色はダークブラウン。蕎麦屋のカレーって黄色っぽい場合もあるけど、こちらは洋風な感じの濃い茶色。

まずはカツから。うんおいしい。肉にしっかりとした厚みがあって、噛んだときのジューシーさが素晴らしい。そして肉の歯切れがよく、食べやすさも損なわれていない。表面はサクサクというよりもカリカリ。カレーって食感が単調になりがちだけど、このクリスピーな食感がいいアクセントになる。ルーをつけただけでも美味しいけど、途中からソースをかけてみる。これもいい。

そしてカレーソース。粘度はけっこうしっかり。味付けはスパイスをほのかに感じる香味感。かつおだしを前面に押し出してる「お蕎麦屋さんのカレー」ではない本格派。途中からソースをかけてもバランスは崩れない。完成度の高いカツカレー。ウマイ。

というか、やっぱりボリュームがかなりある。ライスの量、カツの大きさ。ちょっと残そうかなぁと何度も迷った。。食べきったけど、帰ってからめちゃくちゃ眠くなった。次回カツカレー頼む時は、ライスの量を半分にしてもらおうと思う。まあこれは個人差があることか。

定番のつけめんもまた食べに来たい。5月、6月。暑くなってくると龍光屋のつけめんの気分ですね。また来ます。ごちそうさまでした。

 

家カレーをワンランクアップさせるならこちら。水野さんのカレー本。おすすめです。

蕎麦・うどん カレー

Copyright© ぱくるり@浜松 , 2019 All Rights Reserved.