麺屋アモーレ - 浜北(ラーメン)

ラーメン

浜北「麺屋アモーレ」のバリ鰹&冷し煮干しらーめんは一食の価値あり

投稿日:2017年7月17日 更新日:




浜北の新店「麺屋AMORE(アモーレ)」に行ってみた

浜北「麺屋AMORE(アモーレ)」外観

気になっていた「麺屋AMORE(アモーレ)」にようやく行くことができました。こちらは「鰹」や「煮干し」など魚介系を前面に押し出したスープが特徴みたい。魚介系がニガテな人は別の店に行ったほうが賢明だと思われます。

「麺屋AMORE(アモーレ)」のアクセス

麺屋アモーレ(AMORE)
静岡県浜松市浜北区寺島2725−2
11:00-15:00
夜営業は月火のみ 18:00-20:30
木曜定休
麺屋アモーレのTwitter

オーダーは食券制

浜北「麺屋AMORE(アモーレ)」の券売機

券売機はこんな感じ。基本メニューが一番上の「バリ鰹らーめん(780円)」で、あとは上から2番目の「冷し煮干し(780円)」かな。熱いのと冷たいの・・・両方気になったので、とりあえず一杯ずつ購入。

ちなみにL字カウンターの短辺は待ち客用の席らしく、座れるのは長辺の席のみ。店主一人のワンオペ体制のためこうなっているみたい。あと店内はお魚系の香りが充満しています。好きな人にはたまりません。

バランス重視の魚介豚骨「バリ鰹らーめん(780円)」

麺屋AMORE(アモーレ)の「バリ鰹らーめん(780円)」

こちらが「バリ鰹らーめん(780円)」。スープの量は同系他店舗と較べても気持ち少なめ。いかにも濃厚でゴクゴク飲むタイプのスープじゃないとはいえ麺が露出しています。スープをひと口。美味しい。バリ鰹と言いつつバランス重視。鰹が前面に出すぎてないのが好印象。この比重でちょうどいいと思う。

麺屋AMORE(アモーレ)の「バリ鰹らーめん(780円)」のレアチャーシュー

これ。流行りのレアチャーシュー。あくまで好みですが、個人的には普通のチャーシューのほうが好きかも・・。

麺屋AMORE(アモーレ)の「バリ鰹らーめん(780円)」の中太麺

とはいえこちらのバリ鰹らーめん、なかなか完成度高い。美味しい。一食の価値あり。それにまだまだ進化の途上という感じ。

キンキンに冷えた淡麗スープ「冷し煮干し(780円)」

浜北「麺屋AMORE(アモーレ)」の「冷し煮干し(780円)」

こちらはキンキンに冷えた「冷し煮干し(780円)」。黄金色のスープはめっちゃ冷えてる。透き通っていて濁りのない味。煮干しの旨みがうまいこと抽出されていて自然な甘み&いい意味のエグみが楽しめる。熱々スープと較べれば香りの広がりや旨みの奥行きの面では不利だけど、よくできているスープ。美味しい。

「冷し煮干し(780円)」のレアチャーシュー

レアチャーシュー。

「冷し煮干し(780円)」の具材

カイワレ、タマネギ、ミョウガ。シャクシャクさっぱりと香味野菜。これは正解だと思います。おいしい。

「冷し煮干し(780円)」の麺

冷水で締めた麺はキュッと引き締まった歯ごたえ。おいしい。

一食の価値あり。僕もまた通います

浜北「麺屋AMORE(アモーレ)」の看板

なんやかや書きましたが、トータル美味しかった。一食の価値ありです。(魚介系ニガテじゃなければ) 僕もまたお邪魔して進化の具合を確かめたいと思います。おいしくいただきました。ごちそうさまでした。

記事の更新情報をTwitter、Facebookで毎日お届け中!

ぱくるり@浜松の記事の更新情報をTwitter、Facebookで毎日お届け中!

ラーメン

Copyright© ぱくるり@浜松 , 2018 All Rights Reserved.