トライアングル - 板屋町(バー・BAR)

BAR

板屋町「トライアングル」でひそひそ話。

投稿日:2017年7月21日 更新日:




板屋町のBAR「トライアングル」に行ってきた

普段はBARなんて全く行かないんですが、板屋町のBAR「トライアングル」へ。こちらはかつてSの仕事でお世話になった知久さんのお店。ちょっとご挨拶しておきたいことがあり、それで訪問。

大人の雰囲気ただよう店内にはボトルがずらり

カウンター席に通されると、ちょうど客は僕らだけ。よかった、気兼ねなく話せます。背もたれの高い椅子に腰掛けてカウンターの向こうに目をやると、いつものようにボトルとグラスがずらりと並ぶ壮観な風景。これ何本ぐらいあるんかなぁ。すごい数なのにボトルはどれもピカピカに磨かれていてホコリひとつありません。というか、初めてきた方はまずこの暗さに戸惑うかも。メニューを見る時も、手元を照らすミニライトで照らさないと見れないほど。あとこの暗さの中でブレずに写真を撮るのはちょっとコツが必要です。

さて注文はどうしようかなぁ。やっぱりトライアングルに来たら洋酒を頼みたいけど、日本酒も気になるのがたくさん揃ってる・・・。よっしゃ、今日は日本酒。「冩楽・純米吟醸の3種飲み比べ」にしよう。一緒に行った人はデザートっぽいフローズンカクテルで・・ってお願いしたみたい。

冩楽はほどよい量の飲み比べでじつに満足度が高かった。ひとくちに純米吟醸と言っても、酒米の違いでここまで味が変わるんだなぁ。

一緒に行った人が作ってもらったカクテルもじつに美しい。伝えたイメージにぴったりだったみたい。ひと口味見させてもらった。おいしいなぁ。

しばらくすると奥から知久さん登場。おひさしぶりです。ご無沙汰しております。さっそく「じつは・・」と先日の広沢でのコトをご報告しました。これでよし。

用事も無事済ませることができたんで、一杯で失礼することに。それにしても知久さんの接客は相変わらずすばらしい。機知に富み、ユーモアと気遣いが溢れている。また折に触れて寄らせてもらおうと思います。ごちそうさまでした!

 

出先でも安心。モバイルバッテリーならコレ。

BAR

Copyright© ぱくるり@浜松 , 2019 All Rights Reserved.