亀山屋 - 鹿谷(ラーメン)

ラーメン

昭和にタイムスリップしたかのような「亀山屋」の塩チャーシュー麺

投稿日:2017年10月13日 更新日:




昭和を感じるラーメン屋

午後2時前、ランチはいつもの亀山屋へ。中途半端な時間のせいか、ひっそりとした店内。昭和にタイムスリップしたかのようです。

普通のラーメンはなんと350円。今どきのラーメン屋なら素のラーメンでも750円はするというのに、本当にこの金額でいいんですか。350円ではなんだか申し訳なくて、500円のチャーシュー麺を注文することにしました。

チャーシュー麺の塩。淡い色のスープごしにチャーシューが折り重なるように並んでいるのが見えます。そしてこのスープがじつに繊細。この味は化学調味料なんて使っていないはず。向こうからやってくる味じゃないので、人によっては薄いなんて感じるかもしれない。でもこちらから味わいに行くと、味わうほどに深みがあるスープ。

麺は細めのゆる縮れ。茹で加減も柔めで優しい印象。

チャーシューは薄切りで味しっかり。噛みしめると味が出てくるタイプ。おいしい。そしてお腹いっぱい。

それにしてもこちらのお店、いつ行ってもおばちゃんの接客がすばらしい。カストマーに対する敬意の表し方がハンパではない。じつに学ぶところの多い店。おいしかった。ごちそうさまでした。

亀山屋の営業時間・アクセス

亀山屋
静岡県浜松市中区 鹿谷町27-39
11:00〜20:00
定休日 : 金曜・第二土曜

ラーメン

Copyright© ぱくるり@浜松 , 2019 All Rights Reserved.