食のよろこびは人生を豊かにする

ぱくるり@浜松

現在の記事数 978 件!

白金食堂 - 森田(食堂・定食・食事処)

ラーメン 食堂・大衆食堂 浜松餃子

夫婦二人三脚の「白金食堂」でシンプルなラーメンと餃子

投稿日:2017年11月30日 更新日:




通りから一本入ったところにある中華食堂

森田町の「白金食堂」です。スポーツクラブのアクトスと焼肉さかいのあいだにあります。初訪問。なんかシロガネーゼを思わす名前だけど、いたって庶民的な町の中華食堂。

変形のカウンターとテーブルが2卓。奥に座敷もあります。

座敷は灯りが消えていました。

なんか実家を思い出すストーブ。いろいろと和む。

看板メニューは餃子。ほかにもいろいろ

外の看板に「ぎょうざ」とあったので、たぶん餃子が看板商品だと思う。まずは餃子7個(320円)注文。

ニラレバ炒めとかホルモン煮付けも気になるけど、初めてなんで普通に醤油ラーメン(500円)にしました。

奥の厨房で料理が始まりました。

ステンレスの水差しがなつかしい感じ。

おかあさんがタオルを濡らして手で絞ってくれたと思われるおしぼり。気取らない雰囲気。

醤油ラーメン(500円)はシンプルな味

じゃん!これが白金食堂の醤油ラーメン(500円)だよ。超シンプルなラーメン。いいよいいよ〜。

まずはスープをひとくち。うんおいしい。出汁感のほかに甘みもあって食べやすい。スープには意外と油も浮いてて熱々。チャーシューも本格的な出来栄え。

麺はちょいやわめで量がけっこうある。食べ終わったらお腹いっぱいになりました。

白金食堂の餃子(320円)

こちらが白金食堂の名物餃子。7個で320円。ひとつひとつが大きめサイズで食べごたえあり。にんにくもけっこう効いてるなぁ。具はかなり細かくきざまれたペースト状。野菜と肉がバランスよく入ってる感じ。表面もカリッとうまいこと焼けてる。おとうさんやるなあ。おいしい。

夫婦二人三脚で50年

昨年10月の新聞記事がスクラップしてあった。どうやら50周年だったみたい。50年続く商売ってすごいよ。流行り廃りがある中で、地元でそれだけ長く愛され続けるのは簡単じゃない。味はもちろんご主人とおかあさんのお人柄だと思う。

そういえばこの店の裏手には「十平次食堂」という古〜い食堂もある。この辺りってそういう土地柄なんかなあ。十平次食堂は何回か食べに行ってるけど記事はまだ書けてないのでまた書きます。

おいしかった。あんまり目立たない店だけど行けてよかった。なにせ実家感の漂う気取らない雰囲気がたまらない。また他のメニューも食べてみたいかも。ごちそうさまでした。

「白金食堂」の営業時間・アクセス

白金食堂
静岡県浜松市中区森田町292

ラーメン 食堂・大衆食堂 浜松餃子

Copyright© ぱくるり@浜松 , 2019 All Rights Reserved.