和食・寿司・食堂 チェーン店 雑談

12/16にOPENした「吉野家 浜松若林店」で牛丼(並)を食べつつ考えたこと。

投稿日:




若林に吉野家がOPEN

若林町に吉野家ができました。

2017年12月16日(土)にオープンしたみたい。



牛丼(並)つゆ抜き

いつもの牛丼(並)つゆ抜きです。

熱々ですね〜いいですね〜。

しじみ汁

しじみ汁。湯気でレンズ曇った。

湯気をフーフーしといて急いで撮った。しじみたっぷり。水面から盛り上がってるよ。

ファミリーにも対応した店内

さて吉野家の若林店だけど、味はいつもと同じながらレイアウトはいつもとちょっと違う。というのはカウンター席がかなり少なくて、その分テーブル席を多く置いてある。つまり複数名での来店を見込んだつくり。

それに壁沿いの席はベンチシートになってるから、ちいさい子供連れの人にはありがたいと思う。ホームページ見たら「お子様セット」なんていうのもあった。

企業の生きる道

吉野家というと、一人で行ってカウンターでさっと食べるみたいな殺伐としたイメージがあったけど、ここ数年で企業戦略をかなり変えてきてるんだなぁ。やっぱり企業って生き物で、時代によって形をかえていくものなんだなぁ。というよりも形を変えていけない企業は生き残れないと思う。

ぼくは今はひとりで仕事してるんで、業務上の何を決定するのも自由だし、フットワークも比較的軽いほうなんだけど、法人にしてたときはそのへんがややこしかった。たった3人の役員会議とかでも、それぞれの思惑や方向性をまとめ合わせ、しかも時流に乗ったものにオーガナイズいくのはけっこうナンギした気がする。そして単なる賛同だけでなく、成果の伴う決定にしなければいけないのが難しいとこだよなぁ。その辺の感覚のにぶさで失速した日本企業なんて数え切れないほどある。。

かくいう吉野家も1980年に一度倒産してるからなぁ。そこからの復活を経て、学んだことはじつに多いのだと思う。僕も自分の過去から学んでいきたい。

というわけで話が固くなってしまったのでこのへんで、ごちそうさまでした!

和食・寿司・食堂 チェーン店 雑談

Copyright© ぱくるり@浜松 , 2018 All Rights Reserved.