食のよろこびは人生を豊かにする

ぱくるり@浜松

現在の記事数 978 件!

濃厚中華そば麒麟 - 西伊場町(ラーメン)

ラーメン

「濃厚中華そば 麒麟」で試行錯誤を続ける中華そば(750円)

投稿日:2018年3月21日 更新日:




西郵便局の裏手にある「濃厚中華そば 麒麟」です。大きな看板がついてわかりやすくなった。今までは両隣のスナックに紛れてたからなぁ。

「濃厚中華そば 麒麟」の営業時間・アクセス

濃厚中華そば 麒麟
静岡県浜松市中区西伊場町57−11
11:00-14:30
17:30-20:30(夜営業は土日のみ)
火曜定休
お店のTwitter

こちらのお店だけど、大将のtwitterでもたびたび心情が吐露されているように、長きにわたる試行錯誤というか改良を続けている感じ。twitterに「精神状態」っていうコトバが出てくるとさすがに心配したくもなるよなぁ。まあそんな状況なので、僕もあんまり不用意なことは書かないように気をつけたいと思う。

この看板はちょっと格好いい。昼間はほとんど目立たないけど、夕方以降はいい感じのはず。

店内はいつもの独特の香りが漂う。節系の香りなのかな。ツンとした感じの匂い。

基本の「濃厚中華そば(750円)」です。かなりサッパリした麺相。最近はチャーシューを2種類盛り込んだり、ダイスカットの玉ねぎを使ったり、工夫してるところが多いからなぁ。まあこれはこれでシンプルで悪くない。

焦げ茶色のスープは節系由来らしき酸味が主体。そして甘みもある。これは濃厚というか重いというか・・味のコントラストが強めな感じ。2口3口と食べ進めるにつれて舌にまとわりつき、喉にヒリついてくるタイプの濃厚さ。後味に残る香りはやっぱり独特。これが節系というものなんかなぁ。

一転して麺はおとなしい感じ。食感はなめらかで悪くないけど、個人的にはもっと小麦の旨みを期待したくなる。なにせスープの味が強いんで、スープに負けちゃってる感じがしたかなぁ。

ネギはこんな感じ。あくまで彩りっていう感じみたい。

レアチャーシューは甘みのある味付け。けっこう思い切った甘さだなぁ。薄いけど大判サイズ。食感はしっとりもっちり。それにしてもかなりのロゼだね。

メンマは自己主張が強めのタイプ。完全に麺よりも饒舌。丼の中の存在感に順番つけるとしたら、スープ、チャーシュー、メンマ、麺、ネギの順かなぁ。そんな感じで食べてたらお客さん続々と来店。完全に混み始めたんで、食べ終えたら早めにおいとますることに。できたら大将とも少し話してみたかったんだけどなぁ。まあまた次の機会にでも。

僕も今回で3回目の訪問だけど確かに味は変わってきてるかなぁ。まあアレンジの変更という感じで、まだまださらなる伸びしろはあると思うけど。初回訪問時からずっとなんだけど、どこか期待したくなる店なのは間違いない。

お店のtwitterによればこの後もさらに改良は続き、3月27日〜3月30日まで店内新装準備の為お休み、3月31日からは新メニューを始めとした新しい麒麟として再始動とのこと。新メニューは気になるね。一度は試してみようかなぁ。というわけで、ごちそうさまでした。

ラーメン

Copyright© ぱくるり@浜松 , 2019 All Rights Reserved.