汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリー - 板屋町(ラーメン・無化調)

ラーメン 中華料理・アジアン・エスニック

【無化調】「汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリー」で新作『ラボタン白』とライスセットを堪能!

投稿日:2018年5月19日 更新日:




噂の新店の気になる新メニュー

板屋町の「汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリー」です。前回の試験営業のとき以来、二度目の訪問。今回のお目当ては新作メニューの「ラボタン白」。これを食べたくてやってきました。

浜松では初?間借り営業でのラーメン店

それにしても、この黒いドアを開けるんは若干 勇気がいると思う。夜は会員制ラウンジの店舗を昼間だけ間借りして営業しているとのことで、店内の様子はまったく伺えない(^_^;)

 

専門店らしくメニューは担々麺とトッピングのみ

メニューはこんな感じ。毎日手作りしている芝麻醤を使ったごまベースの汁なし担々麺みたい。一日10食限定。無事注文できた。ちなみにこちらのメニューには化学調味料は一切不使用みたい。無化調。

店員さんが鶏がらスープとライスセットを勧めてくれたんで、それも注文。

本格的な香辛料に期待が高まる

香辛料がおいてあったんで、お願いして写真を撮らせてもらった。唐辛子、八角、花椒かな?香りを活かすため提供直前に挽くみたい。

お店のこだわり

担々麺の発祥と言われている中国四川成都では、醤油ダレに花椒(山椒の一種)、辣油、麺(ひやむぎに近い麺)、豚肉そぼろ、ねぎなどを載せたスタイルで比較的辛さを抑えた担々麺が一般的に提供されています。当店の担々麺は、そんな成都の担々麺を参考にし長年の研究の末たどりついた当店独自の汁なし担々麺です。

【辣油】
複雑な風味を最大限に引き出すため、独自配合した7種類以上の香辛料と数種類の唐辛子の香りを活かすため、すり鉢で摺り下ろし、最適な温度で油を注ぎ、味が馴染むようしばらく寝かせてようやく完成する風味豊かな自家製辣油。※辛さゼロには唐辛子は使用しておりません。

【タレ】
中国の醤油をベースに、浜松市中区寺島にあるヤマコウ加藤醤油さんの昔ながらの方法でゆっくりじっくり手間暇かけて作られた醤油などをブレンドした自家製ダレ。

【お肉】
浜松市中区浅田町にある川合精肉浅田店さんの新鮮な国産黒豚ロースの赤身の中でも特に脂の少ない部分を太めに挽いたお肉を使用。味付けには自家製調味料を使用し、肉の旨味と風味を活かすようにベストな配合で調理しております。

【 麺 】
全国の人気ラーメン店などが使用する京都の製麺所、麺屋棣鄂(テイガク)から取り寄せた、オーダーカットの特注麺。津々浦々、様々な麺を食べ歩き、また各地から取り寄せた麺を試し、ラボラトリーの担々麺にベストマッチする食感と喉越しがよい麺を選びました。

【やさい】
浜松産および近隣地域からの野菜を店主自ら吟味し仕入れたものを使用しております。※まれに店主が生産した無農薬野菜が登場することもございます。

【花椒】
花椒(ホワジャオ)は、山椒の同属異種であり山椒に比べ、独特の青みのある爽やかな香りと舌先をピリピリとさせる鮮烈な痺れが特徴です。当店では花椒の特徴のひとつである「香り」を最大限活かすために、提供直前にやや粗めに挽き、挽きたてにこだわっています。

新メニュー!ゴマベースの「ラボタン白」

ラボタン白です。辛さと痺れはともに3で注文。前回、試験営業のときに食べたベーシックな担々麺より盛り付けがきれいになってるなあ。そそる外観で彩りもいい。

このへんはかなり赤い(^_^;)

いいですね〜。

底からガッと混ぜてみました。おいしい。ごまの甘みと濃厚な旨みで口当たりはほんのりマイルド。思ったほど辛くない。でも香辛料の存在はしっかり。厚みのある香味感が迫力ある。香辛料、タレ、麺、全体の調和もいい。あと野菜が新鮮でおいしい。なんという瑞々しさそして甘み。なにせイキイキしてた。じつに店主さんのこだわりが感じられる仕上がり。

あらら。手ぶれ御免。棣鄂の麺もやっぱり旨い。麺肌がじつになめらかでムチッと感もあり、喉越しがすばらしい。小麦感もしっかり感じられる。

途中でご飯を入れて「追い飯」風に

麺を三分の二ぐらい食べ終えたら、ご飯を入れて追い飯風にするのがおすすめみたい。

というわけで、そろそろこれの出番。

ごはんを投入。

店主さんに聞いたら、最初はご飯だけで食べて、最後に鶏ガラスープで雑炊風にするのがオススメって教えてくれた。うん、ごはんが入るとまた雰囲気が変わる。おいしい。

でも担々麺提供時からご飯とスープも出てきたから、だいぶ冷めちゃってた感はある。ひょっとしてごはんと鶏がらスープは後から提供のほうがいいのかも・・?富塚の七星さんの油そばはそんな感じ。お客さんが自分のタイミングで追い飯をコールすると、店員さんがホカホカのご飯を入れてくれる。まあ好みだと思うけど^_^ ぼくけっこう提供温度にはこだわる。。

シメは鶏がらスープで「雑炊」風

ラストは鶏がらスープを入れて雑炊風に。

香辛料、タレ、すべてのおいしさを余すところなく食べれるのがいい感じ。おいしい。

あとこれも僕の勝手な好みだけど、鶏がらスープはもう気持ち塩味があっても悪くない気がする。ラボタン単体でちょうどよい塩味だったのが、スープ投入で若干薄まったような。まあ僕が濃い目の味付けが好きなだけだと思うけど(^_^;)

いやー食べた。じつに進化&深化を感じることができた。満足。まだまだここからレベルアップしていくお店だと思う。大将もあいかわらず目に力があった。

それにしても辛さは全然しんどくないのに、途中から汗が止まらなくなった。これが香辛料の効果なんかなあ。デトックスできたかもしれん。そういえば汗もべたつく汗じゃなくて、サラッとした汗だったような。薬膳にも通じる料理なのかもしれない。これから暑くなる季節にもおすすめかも。

おいしかった。おすすめです。ごちそうさまでした。

「ラボラトリー」のアクセス

汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリー
浜松市中区板屋町102-1
営業時間 10:30〜15:30
定休日 日曜日(予定)

上記はお店の公式インスタグラムに掲載されてた情報なんで、詳しくはそちらを参照してください。
汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリーのインスタグラム
汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリーのTwitter

浜松・板屋町に汁なし担々麺専門店 「素材にこだわった究極の一杯」提供(浜松経済新聞)

ラーメン 中華料理・アジアン・エスニック

Copyright© ぱくるり@浜松 , 2019 All Rights Reserved.