十平次 - 森田(食堂・定食・食事処)

和食・寿司・食堂

食事処「十平次」のカツカレーは泣かせる味

投稿日:2018年6月7日 更新日:




通りから一本入った場所にある いぶし銀の食事処

森田の「食事処 十平次」です。味のある店構え。いぶし銀って感じ。ホームページによれば、戦後の復興景気の中、中華そば(ラーメン)屋台として生まれたみたい。お店の場所は白金食堂のすぐそば。

食事だけでなくお酒も楽しめます。

暖簾はパリッと清潔。いい感じ。

気取らず、飾らずのいい雰囲気

店内もなんとも言えない味がある。にこやかなおかあさんが出迎えてくれた。

見てこのお品書き。雰囲気あるなあ。照明のセンスもたまらない。レトロとか超越した存在感。

十平次のお品書きはこちら

おかあさんがメニューをくれた。前に来たときはなかった気がする。見やすくていいね。今日はカレーにしようかな。

カツカレー(700円)はノスタルジックな味

じゃん。カツカレーです。スプーンを紙ナフキンで包むという懐かしいスタイル。

揚げたてのカツ、熱々で美味しい。この黄色いカレーソースもいいなぁ。もたっとしててじつに昔ながらの定食屋のカレーという感じで泣かせる味。野菜の甘みもよく出てる。今日は玉ねぎもたっぷり入ってた。

ライスもいいよね。メロン型で盛り付けられててノスタルジックな感じ。高校時代に浜工カレーを3年間食べた身としては懐かしい景色。

真っ赤な福神漬と付け合せのキャベツ。みずみずしい。ちゃんと新鮮。

カツにソースをちょろっとかけてみた。ちょっと味変ってことで。ソースって香味野菜たっぷりだから、スパイシーなカレーと相性がいいと思う。

テレビでは「徹子の部屋」やってて、島茂子さんが出てた。のんびりした時間が流れてる。

十平次の店内

店内はこんな感じ。テーブル席と座敷がある。お客さんの切れ間を狙って撮影。

今日は僕のほかに6人ぐらいのお客さんがいた。けっこう賑わってるんだなあ。ちなみにほとんどの人がラーメンを食べてた。ラーメン一杯450円。

この風景とか、やっぱり味があるなあ。歴史を感じる。

手書きのメニューはカレンダーの裏紙という気取らなさ。なんともいえない居心地の良さはこのあたりから来るものなのか。

なにせ最近では貴重な感じのお店。絶滅危惧種というか・・・ずっと頑張ってほしい。大将もけっこう円熟した年齢だけど、お店を継ぐ方とかいるのかなあ。気になる。何はともあれいいランチでした。ごちそうさまでした。

食事処「十平次」のアクセスはこちら

食事処「十平次」
静岡県浜松市中区中区森田町279−1
11:00〜14:00
16:00〜20:00
お店のホームページ
お店のBlogはこちら

和食・寿司・食堂

Copyright© ぱくるり@浜松 , 2019 All Rights Reserved.