食のよろこびは人生を豊かにする

ぱくるり@浜松

現在の記事数 978 件!

汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリー - 板屋町(ラーメン・無化調)

ラーメン 中華料理

「ラボラトリー」のベジラボタンは痺れる辛ウマ濃厚ダレがワイルドでマイルドな美味しさ!

投稿日:2018年8月21日 更新日:




黒い扉の「汁なし坦々麺っぽい専門店」

板屋町の「汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリー」です。初めての人がこの扉を開けるのはちょっと勇気がいると思う。なにせ店内のようすは全くわからん(^_^;)全然大丈夫だから安心していいんだけど。

「汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリー」の営業時間・アクセス

汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリー
浜松市中区板屋町102-1
営業時間 10:30〜15:30
定休日 日曜日(一応)
汁なし担々麺っぽい専門店ラボラトリーのインスタグラム
汁なし担々麺っぽい専門店ラボラトリーのTwitter

こちらは「汁無し坦々麺っぽい専門店」ということで、こだわりの四川風汁なし担々麺が楽しめる。

個人的に気になるポイントは化学調味料不使用。無化調の飲食店はリスペクトしたい。

今月は3日間しか休んでないのかな!?ランチのみの営業とはいえ情熱がすごすぎない?

店内にはカウンターとボックス席があり、ぼくはカウンターの隅っこに着席。前回食べて気に入った野菜たっぷりの「ベジラボタン」を注文。辛さと痺れを5段階でオーダーできるので、辛さ2・痺れ3でお願いしました。ぼくは辛さにそんな強くない。

「ベジラボタン」は新鮮野菜がこんもり

来たね。ベジラボタンです。このお皿、かなり大きいんだよ。じつに野菜が大皿をこんもりと埋め尽くしている。

野菜にはたっぷりチーズと香辛料のほか、食用花も乗っていて彩りあざやか。野菜が見るからにイキイキしてる!

けっこう赤いけど辛味はおだやかで食べやすい。そして素材の味がちゃんとする野菜たち、じつにおいしい。

提供のとき「カシューナッツのかわりにトマトを入れさせていただきました」って言われた。僕いつもカシューナッツ残すから抜いてくれたのかな?どちらにしてもありがたき。。

Twitterで告知されてた新しいレンゲ!槌目模様がうつくしく、握り心地や口に入れた感じもいい。

野菜を食べたらようやく麺とご対面

野菜を半分ぐらい食べ終えたら、ようやく麺とご対面ーーーーーーーーー!ゆるちぢれの平打ち麺にタレがまんべんなく混ざっててめっちゃ旨そう。

ウマイーーーーーーーーーーー!コク深いまろやかな胡麻だれにシビれる辛さの香辛料が効いていて、美味しさが幾層にも折り重なっている感じ。じつに奥行きのある旨み。

香辛料の使い方も巧み。白ごまの甘みもあってかムセるようなとげとげしい辛味じゃなくて、じつにじわっとくるような刺激。いいなぁ。ワイルドでマイルドな魅力が感じられる。

そしてこのソースのまったり感は乳化してるってことでいいのかな?麺と濃厚ダレが一体化するほどに絡み合っている。旨みをたっぷりまとったモッチリ麺、めっちゃ旨い。

途中でこの味変アイテム・・香醋(黒酢)を入れるとちょっとサッパリする感じ。じつに香りのよいお酢だなぁ。

旨だれを残すのがもったいない

それにしても・・・このおいしいソース?タレが丼に残っちゃうのはもったいない。よっしゃ!ライスいっとこ!

というわけでライス(小)50円を追加注文。

残りわずかな麺にごはんを投入。

まんべんなく混ぜれば麺とご飯と胡麻だれが絡み合って渾然一体になりました。ちょっとお行儀はよくないかもわからないけどじつに旨い。そんなこんなで夢中で食せば・・・・・

ペロッと完食です。ごまダレまできれいに食べきることができた。満足。

Hamamatsu Dining(ハママツダイニング)にも参加されるみたい

お。Hamamatsu Dining(ハママツダイニング)のリーフレットだ。

お!ラボラトリーさんも参加されるんだ!

Hamamatsu Dining
https://hamamatsudining.hamazo.tv/

2018年9月9日(日)
11:00〜16:00
万年橋パークビル8F

浜松でも「食」を考え、日々いろんな分野で取り組んでる方たちが大勢いらっしゃる。こうしたイベントではそうした方たちと気軽に接することができるんで、皆さまもぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。当日は僕もお邪魔する予定です。

パッションを感じる一杯を味わいたい

いやー食べた。帰りがけにマスターとちょっと話すことができた。相変わらず目に力があったなぁ。そして語るひと言ひと言にはパッションが感じられた。

以前、ぼくがいちばん尊敬するシェフが「料理人にいちばん必要なものはパッション(情熱)だ」って言ってた。こちらのマスターはそれを持ってると思うなぁ。まだまだ試行錯誤の連続だと思うけど、僕も引き続きいちファンとして進化を見守りたい。おいしかった。ごちそうさまでした。

ラーメン 中華料理

Copyright© ぱくるり@浜松 , 2019 All Rights Reserved.