亀山屋 - 鹿谷(ラーメン)

ラーメン

「亀山屋」で塩バターラーメンと餃子

投稿日:2018年9月22日 更新日:




真っ赤な暖簾の「亀山屋」

鹿谷のラーメン店「亀山屋」です。真っ赤な暖簾がまぶしいな。

「亀山屋」のアクセス

亀山屋
静岡県浜松市中区 鹿谷町27-39
11:00〜20:00
金曜定休

店舗横に駐車場あり

店舗横に駐車場あり。縦列駐車っぽい配置なんだけどゆったりしてるからそんなに停めづらくはないかな。

昭和を感じさせるこの雰囲気。たまりません。

メニューの真下に座ったから見上げて撮った。ラーメン一杯350円。これ一杯じゃ申し訳ない気がして、いつもついサイドメニューを頼んでしまう。

亀山屋の塩バターラーメン(400円)

キター 亀山屋の塩バターラーメン(400円)です。入口付近の席だから写真が赤っぽくなっちゃうね。

この真っ赤な暖簾とテントの光がガラス越しに入ってくるのね。まあ全然問題はない。

あっさりとした穏やかなスープ。これこれ。これなんですよ。

バターの脂肪分と塩気が溶け出して、それをちょっとずつスープと合わせて味わうという楽しみ方。

麺は透明感のあるプリモチ麺。正直、かなりやわい。でもそれでいい。これが亀山屋のラーメン。

みっしりと詰まった堅実なチャーシュー。シンプルだけど味がしっかりついてる。少しずつ齧りながら食べ進めれば、淡い味のスープの塩気とのバランスがここで取れる。

亀山屋の餃子(250円)

餃子(250円)。めっちゃ熱々。餡にしっかり下味がついてて旨い。醤油と酢をほんの少し・・あいさつ程度つけて食べるとちょうどいい感じ。

そうこうしてたら店内はじつに満席。数えれば男性ばかりが11人、あちらこちらで相席となり思い思いにラーメンをすする光景がいい感じ。僕も長っ尻にならぬよう食べ終わったらさっと退席。そして入れ違いにまた次のお客さん。みんなから愛されてるなあ。亀山屋。いつまでも元気で店を続けてほしい。

ちなみに僕は近所の広沢で生まれ育ったんだけど、この店に初めて来たのは大人になってから。勝手に心のラーメン師匠と思っているぶん屋さんのBlogで知って通い始めた。ぶん屋さんのBlogおもしろいよね。ちなみにぶん屋さんご本人にもお会いしたことあるけどじつに良いお方。お店にかんざし買いにお邪魔したんだよね。お元気にしておられるのかな。というわけでごちそうさまでした。

記事の更新情報をTwitter、Facebookで毎日お届け中!

記事の更新情報をTwitter、Facebookで毎日お届け中!ブログには書かないグルメ情報や各種告知なども。

ラーメン

Copyright© ぱくるり@浜松 , 2018 All Rights Reserved.