味創楽(みそうらく) - 田町(焼鳥・やきとり)

焼き鳥

「味創楽(みそうらく)」は丁寧な仕事を味わえる街中の旨い焼鳥屋

投稿日:




  • 街中の焼鳥店「味創楽(みそうらく)」
  • 串もの一本180円の良心的プライス
  • 再訪必至のおいしさ

第一通り駅そばの焼鳥屋「味創楽」

第一通り駅そばの焼鳥屋「味創楽(みそうらく)」です。焼き台の真ん前の席に案内されました。大将の丁寧な仕事を眺めながら過ごせる特等席。ちなみに今日もGoogle Pixel3 XLで撮影。

「味創楽(みそうらく)」のアクセス

味創楽(みそうらく)
静岡県浜松市中区田町328−2 第2高見ビル 1F
日曜定休

店内はこんな感じのカウンターと・・・

その奥にテーブル席があります。落ち着きのあるいい感じ。

改めまして、店の名は「味創楽(みそうらく)」です。

とりあえず黒と生の「半々」を注文。店員さんいわく、ビールはこれがオススメみたい。

ちなみに今日は板屋町の「汁無し坦々麺っぽい専門店 ラボラトリー」の大将とサシノミだった。仕事ね。ぼく街中のお店そんなに詳しくないんで、ラボさんおすすめの焼鳥屋ということでこちらのお店を紹介してもらえたんだよなあ。

「味創楽(みそうらく)」のメニュー

「味創楽(みそうらく)」のメニューはこんな感じ。串物一本180円は良心的すぎるでしょう。

ドリンクはこんな感じ。日本酒は県内の蔵元もしっかり押さえてた。

とりあえず適当に注文。仕事の話してたんで注文内容は・・ゴメン、よく覚えてない💦 これはたぶん・・脂肝(あぶらきも)かな?レバーだと思うけど、ちょっとトロッとしててて旨い。レバー特有のポソポソ感が皆無なんだよなあ。

これは「ささみ」かな。半生のレア状態で絶妙な焼き加減だった。これは素晴らしい。

これはつくねかな。肉の挽き具合、ちょっと香ばしい焼き加減、すべてが最高。手の混んだ仕事が感じられる串物。

そろそろ日本酒・・初亀をお願いしようかな。じつは初亀の橋本社長は一度取材撮影させていただいたことあるんだよなあ。もう10年ぐらい前かなぁ。じつに知的というかジェントルな雰囲気を漂わすナイスミドルな男性だった。そういうお人柄が、醸す酒の味にも現れるよなあ。

というわけで初亀。旨いなぁ。静岡県内の地酒蔵元はじつにレベル高いと思う。

まあそんなこんなであれこれ食べつつ、ラボさんともなんやかやとお打ち合わせさせていただきつつで夜も更けた。

ぼくができることはじつにシンプル。「WEB」と「デザイン」この二つ。でもこの掛け合わせって、じつに無限の可能性を秘めていると思う。めっちゃおもしろい。考えられんぐらいの展開がある。そんなわけで、なんにしろお声がけいただいたことは全力で手伝わせてもらいたいと思う。。

店を出るとすでに看板の明かりは消えていた。会計は二人で7,000円ぐらいだったかなあ。全然あいまいだけど。でもじつにこだわりのしごとが感じられる素晴らしい焼鳥屋さんだった。間違いなくまた来たい。ごちそうさまでした。

焼き鳥

Copyright© ぱくるり@浜松 , 2018 All Rights Reserved.