いきなり!ステーキ - 刈谷パーキングエリア

チェーン店 SA・PA

「いきなり!ステーキ」初体験

投稿日:




刈谷パーキングエリアでランチ

伊勢湾岸自動車道の刈谷パーキングエリアに行ったら「いきなりステーキ」にスゴい行列ができていました。ちょうどお昼時だったので、僕らもここで食事を済ませていくことに。

ちなみに僕はいきなりステーキ初体験。楽しみだなぁ。ちなみに今日もGoogle Pixel3 XLで撮影。

それにしても思いきった店名。

ランチ一番人気はワイルドステーキ

ランチメニューはこんな感じ。一番人気がこの「ワイルドステーキ」だよね。アンガスビーフ200gにライス・サラダ・スープがついて1,180円。

でもぼく・・昼からお肉を200gも食べたくないなあ。100gで充分だよ。まだこのあと長距離運転しなくちゃならないし。

国産牛サーロインを量り売りで注文するも・・

お。これいいんじゃない?国産牛サーロインステーキ、1グラム11円。これを100gで注文しよう。

国産牛サーロインステーキを100gと、あとランチAセットを・・
すみません、オーダーは200gからになります

エェェェェ・・そうなんだ💦じゃあ仕方ない。

基本の「ワイルドステーキ」200gのセットにしようかな。で、付け合せのコーンはブロッコリーに変更。一緒に行った人も同じのを注文してた。ちなみに焼き加減は聞かれなかった。

ホームページにも書いてありました

http://ikinaristeak.com/concept/

ていうかホームページにもちゃんと書いてあった💦 グラム単位の量り売りといっても、さすがに決まりはあるよなぁ。

ちなみにワイルドステーキのほかにもリブロース、ヒレ、サーロインなどのランチがあった。けっこういい値段するなぁ。高級路線というよりは低価格でステーキを提供する店だと思ってたけど。炭焼きレストランさわやかの感覚でいるとやや高く感じる。

カウンター形式の席には調味料がズラリと並んでた。塩コショーにドレッシング、ソースに醤油。鉄皿の再加熱にも応じてくれる。

薬味もあるよ。マスタード、わさび、にんにく。それにしても席が相当狭い💦通路の幅もかなりタイト💦

ワイルドステーキ(200g)のランチセット

そうこうしてたら料理が出来上がったんで、受け取りカウンターに取りに行った。めっちゃジュージューいってる!

これはなかなかの迫力だなぁ。分厚さが凄い。お肉は最初から切ってくれてあるんだね。その上にクリーム状のガーリックバターが載ってる。

お肉をちょっとばらしてみました。特製ソースをかけたらジュージュー言ってるよ。いい香り。鉄板全体がかなり熱いから、お肉を押し付けると好みの焼き加減に調整できる。

かなりの食べごたえ。こんなにお肉を噛みしめて食べるのって久しぶりだな。薬味はワサビもカラシもよくあう。それにしてもこのボリューム・・完食は最初からあきらめてた💦

一緒に行った人のワイルドステーキと違う・・?

ふと横を見ると、一緒に行った人のワイルドステーキはこんな感じだった。あれ?ぼくのとぜんぜん違くない?なんかランクが低い肉の感じ。ちょっともらったらかなり硬い💦 これは顎がたいへんだなぁ。明らかに僕のステーキと違った。同じの注文したんだけどなぁ。

ひょっとして、他のお客さんの注文が間違って僕のとこに来たのかなあ。と言ってももうかなり食べちゃってるし、またこれ持ってカウンターまで行くのもツラい。まあいいか。これだけ混雑してればオーダーミスが出るのもしょうがない。

実際、厨房の中はかなりピリピリした感じだった。注文を受けるスタッフも、料理を受け渡すスタッフも、顔に笑顔は無かった。スタッフはひたすら注文をさばき、客は黙々とステーキを口に運ぶ。今ってこういう飲食店がはやるんだなぁ。ちょっと不思議な気がした。まあ求める価値はそれぞれだからなぁ。

そんなこんなでごちそうさまでした。僕は食べきれないんで、一緒に行った人とお肉をシェアした。それにしても僕が食べたのってどのメニューだったんかなあ。少なくともワイルドステーキでは無いと思う。

というわけで、一度は来てみたかったいきなりステーキに来ることができてよかった。さあ浜松へ帰ろう。

チェーン店 SA・PA

Copyright© ぱくるり@浜松 , 2018 All Rights Reserved.