だんす亭 - 田町(イタリアン・ダイニング)

イタリアン

「だんす亭」でそば粉のガレットやオニオングラタンスープなどと赤ワイン

投稿日:




おいしいものを食べに田町のダイニングへ

田町「だんす亭」です。今晩は二人で訪問。

本日のお通し

本日のお通し。

左側はサバの香草焼きだっけ?勝手にチキンと思い込んでたから口に入れてビックリした。スパイスが香っておいしい。右はブラックオリーブのペーストを塗ったパン。白いのは里芋だよ。ミルキーな味で旨いね。

ワインリストを見せてもらう

今日は最初からワイン行こ。赤ワイン。なにせ寒い💦

飲んだことのあるワインがだいぶ増えてきたなあ。とりあえず・・セルヴァート・トスカーナ・ロッソっていうのを試してみようかな。力強い果実味、フルボディとのこと。

セルヴァート・トスカーナ・ロッソ(3,300円)

無事、ストックありました。フルボディの重さがありつつフルーティー。ちょっぴり甘みもあるんで飲みやすい。いいなぁこれ。

ワインをグラスで頼むのか。ボトルで頼むのか

それにしても最近ワインをボトルで注文することが多い。大抵は飲み残してそのままお店の人にあげるんだけど。

あの麻布十番のイタリアンみたく、グラスワインでもいいやつが飲めればグラスで注文するんだけどなぁ。どうしてもグラスワインだとカジュアルすぎてちょっと・・という感じ。

だんす亭でもそうだけど、グラスワインだとグラスもカジュアルだし、ちょっといいワインをボトルで頼むとグラスもいいのになったりする。このちょっとの差が、けっこうな食事の満足度の差を生むんだよなぁ。

裏側のラベルはこんな感じでした。あとは料理を注文しなきゃ。

そうね、やっぱりアヒージョ食べたいな。今日は海老か目光(メヒカリ)があるみたい。じゃあ目光(メヒカリ)のアヒージョをお願いします。

目光(メヒカリ)のアヒージョ

来ました。目光(メヒカリ)のアヒージョ!ニンニクとアンチョビの旨みをたたえた熱々オリーブオイルがグツグツいってる!

今晩のアヒージョも最高に旨い✨

目光は身がホクホクで骨までバッチリ火が通ってるし、なにせニンニクたっぷりのオリーブオイルがいいお味。このオイルにパンを浸して食べたら速攻で幸せになれた。ワインにもあうね。

見ごたえのある黒板メニュー

こちらが黒板メニュー。相変わらずギッシリ書き込まれてる。

こちらがもうひとつの黒板メニュー。そうだなぁ。まだ食べたことのない「オニオングラタンスープ」行ってみようか。

オニオングラタンスープ

こちらが「オニオングラタンスープ」です。甘みたっぷりの玉ねぎにとろとろチーズがからんで最高。コンソメスープに浸ったフランスパンもいいお味。これは冬場にぴったりのおいしさ。

そば粉のガレット

もう一品、未食メニューを注文してみた。そば粉のガレット!

これはおいしそうじゃない?見るからに薄くてパリパリの生地の中に半熟たまごが覗いている。たっぷりの葉物野菜は自家製ソースでドレスされていて、目にもごちそう。

一緒に行った人に取り分けてもらった。お。黒オリーブも入ってる。

こんな感じ!めっちゃ旨い。そば粉の生地のパリパリ・サクサク感が小気味よい。香りもいいなぁ。赤ワインとの相性も言わずもがなのおいしさ。これはまた頼みたい。ちなみにこちらの料理はともこさん担当みたい。

やっぱりだんす亭の料理は旨いな。まあ写真見て頂ければわかると思う。

お店もいい感じで賑わってた。約11席の店内、満席。

マスターの大森さんは音楽が好きなんだよなぁ。音楽と料理って相性いいのかなぁ。その場にいる人を楽しませるって意味で。今日もいい時間を過ごせました。

あ、そうそう。こないだ読者さんが「食事代を書いてくれると参考になる」って言っておられたっけ。この日のお会計は7,500円ぐらいだったかなぁ。だんす亭での食事にしてはやや安めかな。いつもならここからウニのパスタとか頼んで10,000円ぐらいになる。というわけで、ごちそうさまでした。

イタリアン

Copyright© ぱくるり@浜松 , 2018 All Rights Reserved.