八郎兵衛 - 佐藤(ラーメン)

ラーメン

「八郎兵衛」の細麺とんこつにキクラゲ・ばら海苔をトッピング!!

投稿日:




「八郎兵衛」に5回目の訪問

家でYouTubeのラーメン動画を見ていたらラーメン食べたくなった💦

というわけで佐藤町の「八郎兵衛」です。通算5回目の訪問かな。けっこうリピートしてる。

「ラーメン専門店 八郎兵衛(はちろうべ)」のアクセス

ラーメン専門店 八郎兵衛(はちろうべ)
静岡県浜松市中区佐藤1丁目18−3
11:00-14:30
17:00-20:00

営業時間は11:00〜14:30。夜は17:00-20:00。

期間限定「塩八郎」は販売終了

お。塩八郎ラーメンが販売終了してるね。あれは「夏でもさっぱり食べれる塩とんこつ」というコンセプトの期間限定だったから、また来年の夏までガマンだな。

というわけで、現在ラーメンは「八郎ラーメン」一種類のみ。あとはトッピングの違いのみ。

カウンターに着席。

テーブル席も一卓あります。

大将の長雄さん。なんか引き締まったな。聞けばジム通いしてるみたい。やっぱり料理人さんは体力が資本なとこあるからなぁ。自己管理も仕事のうちだよなぁ。ぼくも見習わなければ💦

今日のぼくの注文。基本の八郎ラーメンにきくらげとばら海苔をトッピング。

「八郎ラーメン」+きくらげ+ばら海苔

はい!ブラックラーメンです^_^

の声とともにラーメン到着。大将のユーモアね。確かに丼一面が黒で覆われてるなぁ。

豚骨+鶏+野菜+αのまろやかスープ

八郎兵衛といえばこのスープね。深みのある旨味の鶏スープをどっしりとした豚骨スープが下支えしている。そこに野菜の出汁も加わって旨みが層をなしている。

八郎兵衛のラーメンは豚骨といってもギトギトしておらず軽めの食べ心地。なおかつ自然な甘みが広がるまろやかとんこつなんで、女性にも人気があると思う。

ちなみに基本の鶏・豚骨・野菜のほかにもう一種類、八郎兵衛のスープの味の決め手となる食材(部位)があるんだって。これはトップシークレットらしく、さすがに教えてもらえなかった💦

キクラゲはコリコリ&プリプリ

この細切りのきくらげが好きなんだよ。コリコリ&プリプリの食感がたまんない。

ばら海苔の磯の香りがたまらない

このばら海苔もおいしかった。磯の香りが食欲をソソるんだよなぁ。スープとの馴染みもよかった。

パツンとした低加水細麺

この低加水の細麺が八郎兵衛のまろやかなスープによく合う。この麺いいよね。

噛んで味わえるチャーシュー

チャーシューはやや締まったもも肉かな。小ぶりなサイズながら噛みしめるて味わえるタイプ。

紅ショウガで味変

紅しょうがを入れてちょっと味変。口がさっぱりしてよりいっそうザブザブすすれる。勢いに乗って替え玉したくなるけど、ギリギリでガマンできた。

一緒に行った人の「八郎ラーメン」

こちらが一緒に行った人の「八郎ラーメン」。トッピングなしの素の状態ね。丼の中がよくわかる 笑

このざく切りの玉葱も八郎兵衛の特徴だよね。辛味はきれいに抜かれてシャクシャクとした食感と瑞々しさが味わえる。豚骨スープと脂にまみれた舌をリセットしてくれる。

あれ・・一緒に行った人がニンニクを見てる。どうやらニンニク投入するみたい。

クラッシャーでつぶして豪快に。やっぱりスープの味がより美味しくなったって言ってた。

八郎兵衛のラーメンのこだわり。

学生さんは替え玉か半ライス無料。近くに文芸大があるから、学生さんもよく訪れるみたい。

大将、面倒見がよくて人が好きだからきっと慕われてるんだと思う。

お・・こちらの写真は・・大将が秋田でやってたお店の写真だって。えらい格好いいお店だなぁ。

こちらが店内の様子みたい。

秋田から浜松にステージを移されて早一年。着実に歩みを進めておられる様子を見ることができた。まだまだ進化&深化の途上にある大将と大将のラーメンに引き続き注目していきたい。ごちそうでした。

ラーメン

Copyright© ぱくるり@浜松 , 2018 All Rights Reserved.