四川料理蘭(らん) - (中国料理・中華料理)

ラーメン 中華料理・アジアン・エスニック

「四川料理 蘭」の汁なし坦々麺に撃沈!!

投稿日:




四川料理 蘭(らん)に二度目の訪問

三和町の四川料理 蘭(らん)です。約一ヶ月ぶり、二度目の訪問。

気になるメニューがいっぱいある

日曜日はランチがお休みみたい。グランドメニューを見てみると、1,000円前後のお手頃な定食がいろいろあるね。

一品もの、アラカルトも豊富。お、汁なし坦々麺あるね。最近 汁なし担々麺にハマってる僕としては頼まざるを得ない。今日はこれだな。

次回訪問のためほかのメニューもチェックして、と。餃子6ケ(320円)、小籠包5ケ(320円)・・とどれもお安いなあ。

ファミリーセットもあるね。ご家族連れとかグループで来た時によさそう。

店名の「蘭」は奥様のお名前

お店の紹介が貼ってあった。ご主人のお名前は羅栄さんとおっしゃるみたい。そして、え・・店名の「蘭」というのは奥様のお名前だったんだ。へ〜〜いいなぁ。なんか素敵。やはりストーリーに触れるとひとの心は動く。

四川料理 蘭の「汁なし担々麺」

というわけで来ました。四川料理 蘭の「汁なし担々麺」です。

なんか思ってたのとは違うビジュアル!深みのある丼でけっこうスープが入ってるなぁ。見た目は普通のラーメンぽい(^_^;)

たっぷりの麺がスープの水面からこんもりと盛り上がってる・・これ相当ボリュームあるんじゃない?完食する自信なくなってきた....💦

まるごとの赤唐辛子は四川料理の矜持。黒光りを放って存在感じゅうぶん。

このスープも相当ドロッとしてるなぁ。そして麺がギッシリで混ぜようにもうまく混ざらない💦

らちが明かないんで、とりあえずラーメンの要領ですすってみた。おぉ・・濃いなぁ。よくいえばクリーミーだけど、それ以上にドロッとした感じ。味はそんな濃くないけどスープの粘度がじつにモタッとしてる。

その重たいスープが麺にたっぷりくっついて入ってくるわけだから、食べ進むにつれて胃が口が・・やや疲れを覚えてくる。う・・これはなかなかヘビーかも。

とりあえずモヤシでサッパリしよう。モヤシでいったんブレークして作戦を立て直したい。

そして再びこのドロリとしたスープをたっぷり纏った麺に戦いを挑む!

白ゴマとナッツの濃厚ペーストに四川ラー油がまざって口にまとわりついてくる・・・そしていっこうに減らない麺・・・ていうかスープ吸って麺の量 増えてない!?・・・後半にかけて蓄積する辛さで汗も止まらない💦

うぅ・・・

うぅぅ・・・・

というわけで今回はギブアップm(_ _)m すみません、ちょっと食べきるのがむずかしかった。まあ僕が胃弱のためにコッテリしたクリーミーなのが得意じゃないせいだと思う。あとナッツ系若干アレルギーなんで、そもそも注文を間違えたっぽい。

いやー悔しいなぁ。そして「汁なし坦々麺」と言ってもいろんな種類があるなぁ。

四川料理 蘭さんの汁無し坦々麺は、唐辛子の辛さはけっこうあったけど、花椒や青山椒などのシビれは感じられなった。いい経験になったな。というわけで今回はちょっとツラい戦いになったけど、また次回チャーハンとか他の料理に挑んでみたい。

ちなみにお会計は780円+消費税ということで840円ね。日曜日はランチの提供がないけれども、平日ランチはかなりお安いです。ごちそうさまでした。

ラーメン 中華料理・アジアン・エスニック

Copyright© ぱくるり@浜松 , 2018 All Rights Reserved.