鰻料理専門店 曳馬野(ひくまの) - 田町(うなぎ)

うなぎ

求めていた感動がそこにある・・うなぎ「曳馬野」は絶対に外さない美味しさ

投稿日:2019年1月1日 更新日:




街中の老舗うなぎ屋「曳馬野」でお食事

田町のうなぎ料理専門店「曳馬野」です。創業50余年の老舗だけあって風格のある佇まい。

曳馬野の営業時間・アクセス

鰻料理専門店 曳馬野
静岡県浜松市中区田町322−3
11:30〜14:00、17:00〜20:00
水曜定休
ホームページ
Facebook

二階のお部屋を予約していた

今日は事前に電話予約してきた。席は2階のお部屋。階段の天井が一部低いので気をつけて。

2階席はこんな感じ。窓の向こうは有楽街に繋がる通り。ちょっと窓の外見てみるか。

窓の鍵がなつかしい

木製の建具の鍵がなつかしい。つまんで回せば木とこすれてキュッキュッと鳴る。

2階席の窓から通りを見下ろしてみた。5月の浜松まつり中には御殿屋台の引き回しを間近に見下ろすことのできる特等席になるそうだ。

とりあえず喉を潤そう。

ままかりとイチジクをあしらったサラダ

まずはサラダから。綺麗な葉物野菜の上にはしらすとママカリがあしらってあった。このママカリ、酢が上品で旨い。甘みのあるイチジクのコンポートとも相性がよく、お腹がぐんぐん空いてくる。

前菜3点盛り

前菜の三点盛り。この酒盗、まったりとして最高。そのお隣はうなぎの骨せんべい。

「みそうなぎ」は感動のおいしさ

3つ目は「みそうなぎ」。これめちゃくちゃ旨い。味噌漬けにした鰻を香ばしく焼くことで、こんなに旨みが凝縮するんだなぁ。うなぎが語りかけてくるような美味しさ。

赤ワインを注文

曳馬野といえばワイン。大将に相談して、とりあえずルイ・ジャドを開けてもらいました。

ルイ・ジャド

ルイジャドはボトルで3,500円だったかな?そうとう良心的なのは間違いない。

グラスに注いだ写真は撮り忘れた(^_^;) さてと、うな重の前にお料理を楽しもう。

ふっくらとした「う巻き」

まずは「う巻き」。焦げ目ひとつない美しい焼き目。ふっくらとしてお出汁の香りがいいなぁ。ちょっと甘みがあっておいしい。

中には鰻がぎっしり詰まってる。この断面見たらニンマリせずにはいられません。

ほろ苦さが大人の味「肝の串焼き」

「うなぎの肝の串焼き」も必ず頼みたい逸品。

プリッとした新鮮な肝の食感と、嫌味のないほろ苦さがタマラン。あ〜最高に旨い。

「うなぎの肝のアヒージョ」はマストオーダー

そしてこちらもマストオーダーの「うなぎの肝のアヒージョ」!

熱々のオイルの中には鰻の肝とニンニクがたっぷり。アンチョビの代わりに鰹の酒盗、マッシュルームの代わりにしいたけを使ってるところがポイントで、じつに和テイストのアレンジになってる。ワインとのマリアージュも最高。肝は串焼きに使う部位とはまた異なって、苦味のないプリプリとしたおいしさが純粋に楽しめる。

これ読んでくださってる皆さん、曳馬野に行ったらこのアヒージョはぜひ召し上がって頂きたい。ぱくるりオススメの逸品です。

掛川の地酒「開運」

なんだかんだ話も弾んで日本酒を注文。静岡県が誇る蔵元、掛川は土井酒造の「開運」。いやー旨い。そんでもってそろそろお食事も頼もうか。

うなぎ一尾を二人でシェアできる「カップル膳」を上で注文。なにせここまで一品料理をいろいろ食べてるんで、シメにうな重一人前はちょっと入らない💦 一尾を二人で分け合う適度なボリューム感がじつにいい感じ。

曳馬野の「うな丼」

キターーーーー 曳馬野のうな丼です。ありがたや・・

 

 

最高!!

 

いやー旨い。つい美味しさを文字の大きさで表現してしまった。求めていた感動がそこにはあった。

ややあっさりとした甘辛ダレで丹念に焼き上げた鰻はふっくら柔らか。香ばしい表面とふんわりした身を口いっぱいに頬張れば、思わず天を仰ぐような美味しさ。

ご飯も気持ち固めの炊きあがりでツヤツヤ。うなぎ・・ごはん・・うなぎ・・ごはん・・の無限ローテーションが止まらない。あ〜幸せ。

お吸い物とお漬物も丁寧なお味でいいんだよね・・なんてことを思いつつ夢中で味わえば、感動の完食です。いやー食べた。完全に堪能した。やっぱり曳馬野は外さないな。

ずっとここにあって欲しいお店

この二階席で食事してたんだね。じつに街の喧騒とは別世界という感じ。この佇まいのままで、ずっとここにあって欲しいお店。

そうそう、大将ともカメラ談義できてよかったなぁ。こちらの大将の撮る写真は僕など足元にも及ばないほどの腕前なんだよなぁ。僕ももっと写真修行したい。

ちなみに曳馬野だけど、年末年始の12月29日~1月7日は休まず営業。通常お休みの1月2日(水)も特別営業するそうです。おすすめです。ごちそうさまでした。

うなぎ

Copyright© ぱくるり@浜松 , 2019 All Rights Reserved.