オータム - 高丘(欧風カレー専門店)

カレー

3月末で閉店の「オータム」で本格欧風カレーを食べ納め!

投稿日:




3月末で閉店する欧風カレーの老舗でランチ

高丘の「カレーハウス オータム」です。ヨーロピアンな外観がいい感じ。

喫茶店シーンのBlogで、オータムが3月末で閉店すると知り、それで久しぶりに訪問。たぶん9年ぶりぐらいだと思う。

「カレーハウスオータム」のアクセス

カレーハウスオータム
〒433-8118 静岡県浜松市中区高丘西1丁目12−4
11:30-14:30
17:30-21:30
火曜定休
駐車場あり

温かみがありつつ凛とした雰囲気の店内

店内は温かみがありつつ、凛とした雰囲気。いいお店に特有の空気感。

そして見て!厨房の中。

ピカピカに磨き上げられた厨房には、鍋・フライパン・食器類が見事に整然と片付けられている。この厨房をみるだけで出てくる料理の味に期待が持てるというものだよ。すばらしい。

こちらのシェフ、都内のフランス料理店で腕をふるっていたご経験があるそうで、じつになるほどという感じ。マダムの接客も堂々として落ち着いた雰囲気。

れんが、木、刷毛引き風の壁。こういうアナログ感、いいなぁ。落ち着くなぁ。

カレーハウスオータムのメニュー

こちらがオータムのメニュー。

ポークカレー、チキンカレーは850円。野菜カレーが950円。ビーフカレーは1,150円。

ビーフカレーと野菜のカレーだけ赤字になってるのはなんでだろう?

さぁて、注文どうしようかなあ。お。牡蠣あるね。

牡蠣のカレーってフライですか?
いえ、煮込んであります

そうか〜。煮込みもいいけど、でも今日はフライが食べたいな。ヒレカツにしようかな。一緒に行った人はビーフカレーに決定〜。

まずは薬味?つけあわせ?が出てきました。らっきょう、福神漬、フルーツの煮たの?、ゆで卵をほぐしたの。

まずはカレーのテイスティングから

カレーが来たよ。じつに独特の盛り付け。大皿の中央にちょこんと、ひと口ぶんのライス。

POPに食べ方が書いてある。まずはこのひとくちぶんのライスにカレーをかけて、旨みと辛味を確かめるわけね。カレーのテイスティングだな。

そうしたら、お好みの量のライスとカレーを盛り付けて、自分のセンスでカレーを味わっていくというわけ。

ちなみにこのおひつのライスは二人分。レーズン、りんご、玉ねぎなどが混ざったバターライス。これだけで食べても美味しそう。

じっくり煮込まれたカレー

こちらがビーフカレー。ダークブラウンの仕上がり。

こちらがヒレカツカレーのカレーソース。やや黄色め。

オータムでは、ビーフ系・ポーク系・魚介系・チキン系など系統別に4種類のスープを使い分け、じっくり煮込んで何日か寝かせたのちに供されるみたい。手がかかってる。

こちらがヒレカツカレー。ちょこんライスと大ぶりのヒレカツが2枚。

おいしい・・!久しぶりに食べたオータムのカレーはじつに旨いなぁ。旨みと香りと辛みがバランスよくまとまって、深みのある味わい。タマラン。

ヒレカツ、めっちゃ旨い

食べかけ御免。ちょっとお見苦しいか。でもこのヒレカツの柔らかさとおいしさを、ぜひ皆さんにもお伝えしたい。このヒレカツ、めっちゃ旨い。

ビーフカレーもちょろっとお味見させてもらった。あ・・深いね。おいしい。やや甘みがあるというか、濃厚な感じ。旨味とコクが凝縮したオトナのためのカレー。

こうして食べ較べるとヒレカツカレーの黄色いカレーソースのほうが辛味があるな。よりスパイスの香味感が強い。

一緒に行った人も満足していた様子。

いやー食べた。おいしかった。完全に満足できた。やっぱりオータムのカレーは相当うまいと思う。この味が3月末までで食べられなくなると思うと、じつに寂しい。

今回で食べ納めのつもりで来たんだけど、やっぱりあと1〜2回は食べに来たいなぁ。名残惜しすぎる。

というわけで閉店までカウントダウンのカレーハウスオータム。ぜひ皆さんも食べに行ってみてはいかがでしょうか。おいしいよ。

カレー

Copyright© ぱくるり@浜松 , 2019 All Rights Reserved.