食のよろこびは人生を豊かにする

ぱくるり@浜松

現在の記事数 981 件!

一文 - 旅籠町(寿司・すし・鮨)

寿司

一文 | 通いたくなる町外れの穴場的寿司屋

投稿日:2019年4月9日 更新日:




旅籠町の寿司屋でお食事

旅籠町の寿司店 一文(いちぶん)の店舗外観

旅籠町のすし処「一文」です。ちょっと渋めの店構えがイイ雰囲気。ぼくは満を持しての初訪問だよ。楽しみだなぁ。

すし処 一文の営業時間・アクセス

すし処 一文(いちぶん)
〒432-8027
静岡県浜松市中区旅籠町29-3
TEL 053-454-5888
平日 17:00-AM1:00
日曜 午後〜AM0:00
平日ランチ予約承ります
月曜定休

一文のショップカード

暖簾をくぐると店内カウンターはお客さんで一杯。そういえば先々月アタックしたときも満席で諦めたんだっけ。

二人・・いけます?
どうぞ〜テーブル席になりますが
いいですとも

一文の店内

奥の仕切られた処にテーブル席があったよ。カウンターではご夫婦、仲間連れ、おひとりさまがくつろいでお寿司を楽しんでいる。へんに気取った感じもなく、常連さんの空気が強いこともなく、なんだか居心地よい空気感。

お通し

とりあえずドリンクを注文。一緒に行った人はグラスワインにしてた。それとお通し。さあ何にしようかな。今日はちょっと時間も遅めだしなぁ。お造り頼まずにいきなりお寿司いっちゃおうかな。

寿司屋での注文の仕方

一文のお品書き

卓上にはメニュー表がなかったけど、カウンターごしにメニユーの短冊が見える。どうしようかなぁ。

基本的に・・寿司屋での注文の仕方は「お決まり」「お好み」「おまかせ」の3種類。

お決まり
握り10貫ほど+巻物のセット。並、上、特上など。

お好み
客が食べたいものを自分で注文する。「じゃあまずはコハダもらおうか」みたいなやつ。

おまかせ
板さんにおまかせ。その日の仕入れ、客の好みに応じて大将が握ってくれる。

今日はテーブルだからお好みで単品は注文しづらいんで・・じゃあお決まりかおまかせで行こう。おかみさんのオススメは「おまかせ」みたい。よっしゃ。じゃ、おまかせふたつ!!

あえて値段は聞かないでおいた。お会計のときのお楽しみね。でもまあにぎり単品の価格を見れば良心的なのは一目瞭然。しんぱいないさ〜。

おまかせにぎり

1皿目の盛り込み

じゃん。まずは一皿目。二人前を一つのお皿に盛り込んでもらったよ。じつに写真映えする色艶やかなにぎりが並んでる。

イカはスダチを絞って塩でいただきます

イカはスダチを絞って塩でいただく趣向。旨い!!味が乗ってるなぁ。旨みが高まってる。歯にしがみついてくるようなねっとりとした弾力があり、シャリとの一体感も完璧。

白身にはゆずがのっていた

カンパチにはゆずがあわせてあった。さわやかな味わい。

海老のにぎり

エビもりっぱなサイズ。

赤身の炙り

この赤身はカツオ?マグロ?ちょっとわからないけど外側が炙ってあった。旨みが凝縮。

マグロのにぎり

マグロ2種。おいしい。

開運純米をひやで

おさけ頼んだ。開運の純米をひやで。

2皿目の盛り込み

二皿目に突入!!おまかせの続きね。今度は大人っぽいネタが並んでる。

ウニといくらの軍艦ずし

ウニ、いくらの軍艦巻き。おいしい。海苔もいい味。いい香り。

芽ネギのにぎり

芽ネギの握りはシャキシャキとした食感。口の中がサッパリした。

出汁感がありちょっぴり甘い卵焼き

玉子焼きの下には超ミニサイズのシャリが隠れてた。これもいちおう握りみたい。玉子は出汁感があってほのかに甘めのやさしい仕上がり。トリ貝もよかった。

穴子にぎり

アナゴもふんわりと火が通って、そこにさっぱりとした甘口のツメタレが塗ってあった。どれもうまい。

鉄火巻とかっぱ巻き

最後は巻物ね。鉄火とかっぱ。かっぱ巻きがちょっと変ってた。キュウリが細切りになってて白ごまが混ざってる。ひと工夫されてるなぁ。食感も香りも普通のかっぱ巻きとは別物。

お食事の最後はお味噌汁で締める

おいしいお味噌汁で食事が締まった。いやー食べた。よかったなぁ。というわけで緊張のお会計は・・・ぜんぶで10,500円!!これはかなり良心的といえるんじゃない?これはぜひまた来たい。

出前にも対応しているらしく配達用スクーターが停めてあった

今回ぼくらは店のいちばん奥のテーブル席にいたから終始おかみさんとのやりとりで、大将とはほとんど会話する機会がなかった。でも帰りがけに一言二言。

あーありがとうございますー!
いやーとてもおいしかったです。また来ますね。
ありがとうございますー!じゃ、また明日!!笑笑笑
笑笑笑

いやー、大将いいなぁ。めっちゃ和んだ。ほんとにまた来たくなるね。じつに皆様から愛されるお人柄の方だと思う。ベースに仕事キッチリがあっての、このフランクな感じ。すばらしい。

いちぶんの店舗入口にかかるのれん

千歳や肴町といった浜松街なか中心エリアからはやや離れた場所にある穴場的寿司屋。よかった。通いたくなる店がまたひとつ増えました。ごちそうさまでした。

寿司

Copyright© ぱくるり@浜松 , 2019 All Rights Reserved.