食のよろこびは人生を豊かにする

ぱくるり@浜松

現在の記事数 950 件!

ラ・キャシェット - 板屋町(イタリア料理・イタリアン)

イタリアン フレンチ ダイニング・バル BAR

ラ・キャシェット | 自家製パンとセンスある料理。ワイン愛も半端ない!

投稿日:2019年5月8日 更新日:




街なかのワイン食堂ラ・キャシェットでディナー

ラ・キャシェットの入口脇に置いてある案内ボード

第一通り駅すぐそばの「ラ・キャシェット」です。めっちゃ前に一度だけ来たことがあるけど、今回がほぼ初訪問と言っていいかな。

店舗入口のボードによれば、こちらは「毎日焼き上げる自家製パンと小皿料理、ワインを気軽に楽しめる普段使いのお店」らしい。

サクッと使えるこだわりワイン食堂。いい感じ。

ワイン食堂 ラ・キャシェットのアクセス

ワイン食堂 ラ・キャシェット
〒430-0928
静岡県浜松市中区板屋町102−17
18:00-23:00(金土、祝前日は0時まで)
定休日 : 毎週月曜・第3日曜
TEL 053-453-1881
ラ・キャシェットのホームページ
ラ・キャシェットのFacebook

ちなみにホームページによれば、

「ラ・キャシェット」とは、フランス語で隠れ家や秘密基地、宝箱の意味。

ワイン好きやワインに興味のある方々が集まり、楽しい時間を共有することが出来る場所でありたいという思いが込められています。

フランスやイタリアでいうビストロやトラットリアという括りを取り外し、「ワイン食堂」と名付けました。

毎日焼き上げる自家製パンと小皿料理、ワインを気軽にしっかりと楽しめる店として、ワインに合う料理はジャンルを問わずチャレンジしていきます。

仕事帰りにふらっと寄って、ワインとおつまみ、パンをかじり、小腹が満たされる。帰りにふと「明日も頑張るかなぁ。」と思って頂けるようなお店づくりを心掛けています。

とのこと。いいじゃん〜。

ラ・キャシェットのメニュー

メニュー表

メニュー黒板がでっかいなぁ。びっくりドンキーを彷彿とさせるものがあった。

お・・「熟成牛肉のグリル」と目があった!

熟成肉が気になる

メニュー

しかもしかも!こっちのメニューで確認したら「さの萬」さんの熟成牛肉だったよ。

さの萬さんといえば、日本で初めてNYスタイルのドライエージングを成功させた人物。たぶん。

ぱくるりの心の師匠の一人であるやまけんさんのBlogにも度々登場してるんだよ。下記の記事はぜひ読んでいただきたい。

ドライエイジドビーフの両巨頭対談実現! 「さの萬」佐野さんと「旬熟成」跡部さんて、いままで顔会わせたことなかったんですよ、驚いたことに!
https://www.yamaken.org/mt/kuidaore/archives/2015/09/10426.html

さちの肉を巡る物語最終章 静岡県富士宮市「さの萬」さんのドライエージング肉はこうして捌かれる。さちの肩ロース一本をドライエージングにしてみた結果、賛否両論のおもしろい肉になったのだ!
https://www.yamaken.org/mt/kuidaore/archives/2010/09/2017.html

というわけで「さの萬の熟成牛肉のグリル」を注文・・・・と思ったらざんねん。熟成牛肉はヤマだったみたい。売り切れ。やっぱりいつでも気軽にある感じとは違うか。代わりに熟成豚肉のグリルをお願いしたよ。

せっかくだからもう少し脱線するけど、ぱくるりが本物のドライエイジングビーフに出会ったのは5〜6年ほど前のこと。

レッカーランドの福川さんにご紹介して頂いて、藤沢の尾島肉店(現在は閉店)の尾島さんが作られた熟成肉を食べたときの感動はいまでも忘れられない。

芳しい熟成香、甘味、独特の歯切れ、旨味・・それまで口にしていた熟成肉っぽいものとは別格の出来映えで、じつに感動的なおいしさだった。

その後もいろんなお店で見かけるたびに食べてはみるけど、なかなか本物の熟成肉に出会う機会は少ない。

メニュー

すぐ出るメニューだって。バーによくあるおつまみ的な。ピクルスを注文したきがする。

メニュー

こちらのお店はワインにかなりこだわってるみたい。接客を通してオーナーと奥さまのワイン愛がビシビシ伝わってきた。たぶん行けばわかると思う。

とりあえずグラス白 注文。ワインリストはないんだって。なにせストックも大量にあるうえに入れ替わりもあるからリストが作れない感じ。

ワインを注文するときは、とりあえず好みを伝えればおすすめをいくつか持ってきてくれる。

ワインを選ばせてくれる

3本持ってきてくれた。それぞれの説明を聞きつつ気になったのを注いでもらった。おいしい。それにしても何本ぐらいストックされてるんかなぁ。どんどん増えちゃうっておっしゃってたなぁ。

メニュー

そうそう、キャシェットではレッカーランドのソーセージが食べれるんだよなぁ。ドイツのソーセージでドイツワインとかいいよなぁ。

豚肉とピクルスのほかに何食べたっけなぁ。アスパラガスのウフマヨと・・・・うーん・・思い出せないなぁ。いや、美味しかったことは覚えてるよ。料理はおいしかった。

なにせ今回はSDカードのデータを間違って消しちゃった💦 完全にミスった。写真見れば後からでも食事の内容を思い出せるんだけど。いつも料理写真はカメラで、メニューとかはスマホで撮影してるんで、スマホの写真だけは残ってた。セーフ。

印象的だったのは自家製パンね。あれは価値ある。シッカリした焼き上がりで噛んで味わえる感じ。一緒に行った人もこのパンおいしいって言ってた。

お会計はいくらだったかなぁ。。12,000円ぐらいかな。

ラ・キャシェットの店舗外観

帰りがけにオーナーとちょっと話せた。自然体っていう感じの方だったなぁ。その一方でパッションも感じたよ。情熱とこだわり、伝わるものがあった。よかった。また伺いたい。ごちそうさまでした。

イタリアン フレンチ ダイニング・バル BAR

Copyright© ぱくるり@浜松 , 2019 All Rights Reserved.