バル・ダイニング・呑み処

千歳の隠れ家「呑み処 ぼちぼち」でおそうざいと日本酒を楽しむ。

投稿日:2017年6月18日 更新日:




千歳のとあるビルの一角

千歳のとある細い通路?スキマ?その奥にひっそりとある隠れ家へ。。

お客さんで賑わう「呑み処 ぼちぼち」の店内

こちらは「飲み処 ぼちぼち」。いつもお世話になってる山中恵美子さんが営む店。



「呑み処 ぼちぼち」のお通し

席に座るとお通しが三品ほどでる。これが楽しみ。季節の野菜の炊いたのや小魚の南蛮漬けなど、身体にやさしい手料理ばかり。

「呑み処 ぼちぼち」は磯自慢・開運・池亀・小左衛門・アイスブレーカー・加賀鳶・越乃寒梅・義左衛門・米鶴など全国の日本酒地酒の品揃えが豊富

もうひとつの楽しみは日本酒の品揃え。なかなか他所では飲めないようなものも取り揃えている。今日は「アイスブレーカー」と「小左衛門」を頼んでみました。

アイスブレーカーと池亀の酒瓶

アイスブレーカーの瓶はこんな感じ!夏酒らしいブルーの瓶にペンギンラベルがじつに可愛らしい。右側は今回頼んでない池亀の金魚ラベル。最近は日本酒のラベルもいろいろ工夫されてるなぁ。

「呑み処 ぼちぼち」の酒器

日本酒を頼んだら、壁のラックから好きな盃を自分で選ぶシステム。ぼくは赤い切子のグラスにしました。小左衛門はじつに力強い味わいでよかった。アイスブレーカーはじつに夏酒らしい清涼感のある味わい。なんとこの酒を作っている杜氏は、フィリップ・ハーパーさんというイギリス人なんだそうだ。

 



「呑み処 ぼちぼち」のL字カウンター

店内は落ち着いた年齢の方たちでいつも賑わっています。お互い面識はなくとも、店主の恵美子さんが巧みに紹介してくださるので居心地良く過ごすことができる。今回も7名ほどの方たちと引き合わせていただいた。その中には某◯◯◯◯グループの社長さんも(゚д゚)

「呑み処 ぼちぼち」の締めのしじみ味噌汁

〆のお味噌汁、具はしじみ。これも店主の恵美子さん自ら獲ってきたものだそうだ。味が濃く、香りもいい。身体に染みます。。。そんなこんなでお会計は2名で3,600円。おいしかったー。また寄らせてください。ごちそうさまでした!

 

ぼちぼちいきましょ。

 







-バル・ダイニング・呑み処
-, ,

Copyright© ぱくるり@浜松 , 2018 All Rights Reserved.