フレンチ

連尺「ビストロ ル・フォン」は通いたくなる本格フレンチ。

投稿日:




連尺町の「ビストロ ル・フォン〜bistro Le Fond〜」です。

カウンター6席にテーブル数卓のこぢんまりとしたお店。いい雰囲気。

テーブルセットはこんな感じ。かわいい。

フランス産オーガニックビールを注文。一緒に行った人はグラスの白。今日はアミューズ+前菜+メインのコース(¥3,500)を注文しました。

アミューズ。季節感のあるさまざまな素材を調和の取れた一品にまとめあげている。味、香り、食感、みずみずしさがしっかりと感じられる。旨い。

前菜はサーモンの瞬間燻製にしてみた。いい薫りだなぁ。野菜も生き生きしてる。

おいしいオイルでドレスされた葉物野菜の下には肉厚なサーモン。薫香も繊細でおいしい。

一緒に行った人の・・桜鯛のカルパッチョ・・?ちがったかもしれん。ちょっともらったけどこちらもじつに旨い。お野菜もたっぷりで大変おいしい。こういうフレンチ好き。

レ タンヌ オーガニックをボトルで注文。

パンは2種類。かわいい巾着袋に入って出てきた。

ここまで食べて料理の味にすっかり満足できたんで、追加でデザートも頼むことに。デザート付きのコース(¥4,200)にオーダー変更してもらった。

メインはマンガリッツァ豚にしました。

写真見ればわかるよね。うましです。

ちなみにレ タンヌ オーガニックの赤は家でも何度も飲んでるけど、やっぱりプロの料理と合わせるとぜんぜん違う。家飲みワインをレストランで頼むという楽しみ方。

一緒に行った人のメインはハチノス。パン粉がサクッとしててこれも旨かった。

付け合せのお野菜も手抜きなし。一品一品すべてに手がかかり、シェフの魂がこもっているのが感じられる。

デザートは杏仁を使っていた。これもフルーツたっぷりでおいしかったなぁ。

食後のお飲み物。紅茶もよかった。

今回はデザート付きにしてそれも良かったんだけど、デザートなしの3皿 3,500円は相当お得感が高いんじゃない?かなり満足度高いと思う。

ふと壁を見上げると・・・・・・・・・・・え???水野シェフ?

なんと、アマンダンライズで料理長を務めらておられた水野厚雄シェフのお店だったとは。ぜんぜん気付かなかったんで、慌ててご挨拶させていただいた。

じつは以前、アマンダンライズの一室をお借りして守屋シェフ(シェ・モリヤ)とムッシュ今井(三鞍の山荘)という浜松フレンチ二大巨匠の対談を取材撮影させていただいたことがあって、そのとき腕をふるってくださったのが水野シェフやってんなぁ。あの時の料理は今でも覚えてるけどじつに素晴らしい出来映えだった。

今日食べたお料理もなんかどこかで食べたことあるような・・っていううっすらとした予感はあってんなぁ。いやーそれにしてもびっくりした。じつにすごい偶然で素晴らしいお店に来ることができた。

うちからもわりと近いんで、またお邪魔させていただきたいと思う。通いたくなったなぁ。カウンターがあるから一人できてもOKみたいだし、よかった。皆さんにも是非お勧めしたい。ごちそうさまでした。

-フレンチ
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です







Copyright© ぱくるり@浜松 , 2018 All Rights Reserved.