家ごはん

男の料理はフライパン料理。

投稿日:




今日は自炊だよ

今日は自炊だよ。と言っても大したことはできないけど。なにせ2月末納品の案件が重なっていてけっこう忙しい。時間がない。補助金関連の制作案件が複数あると、ありがたいけど納期が重なるのがツラい。

とりあえず冷蔵庫の中の野菜と肉を使ってしまいたい・・ということで男子厨房に入る。

とりあえず炒めよう。炒めればどうにかなる

一皿目。新玉ねぎと長ネギがあったんで、とろとろになるまでじっくり炒めてみた。小さめに切った鶏もも肉に酒と醤油で下味をつけ、一緒に炒める。ねぎ・玉ねぎ系と鶏肉は相性いい。じつにご飯がススみそうなんができた。

もうひと皿。レッカーランドフクカワのローストポークがあったんで、ほうれん草と甘長唐辛子と一緒に炒めてみた。レッカーランドはヨーロッパの高級スパイスを使っているからじつに風味がいい。そのまま食べてもおいしいけど、料理に使うといつもの料理がぐっとおいしくなる。ほうれん草もレッカーランドで売ってたやつ。レッカーランドでは地元で採れた新鮮野菜も販売してるんだよなあ。味付けは、なにせローストポークの味がしっかりしてるんで、シンプルに塩胡椒だけにしておいた。正解。

いやー、完全にワンパターンだなぁ。じつにフライパンで肉と野菜を炒めるだけというバリエーションの無さ。でも男の台所なんてこの程度じゃない?なにせ嫁さんがインフルエンザで寝込んでるんで、エマージェンシー的に作ることになったという状況もある。

それでも、下味を工夫してみたり、食材の切り方、火の通し加減にすこし気を配るだけで料理の出来映えはだいぶ変わってくると思う。凝ったことはしなくても、真剣にやるとけっこう考えることが多い。

久々に台所に立つことで、主婦の皆さんに対する感謝が深まりました。というわけで。







-家ごはん

Copyright© ぱくるり@浜松 , 2018 All Rights Reserved.