和食・寿司・食堂

東伊場「旬彩 香炉」で大人のごちそうを愉しむ。

投稿日:2017年12月27日 更新日:




東伊場の料理屋「旬彩 香炉」

東伊場の料理屋「旬彩 香炉」です。

手ざわりの良い一枚板のカウンターがいい感じ。まずは喉を潤して、と・・

和食の醍醐味はやっぱり椀物だよなぁ。なにせこの蓋を開ける瞬間っていうのがドキドキする。

あ〜出汁のいい香り。さっと炊いた季節の食材を口に運ぶうち、どんどんお腹が空いてくるかんじ。

香炉の大将のこのアングルの写真はなかなか撮れないのと違うかなあ。



お造り。間違いない。。

鱈の白子があったんで、炭焼きにしてもらった。表面は香ばしいのに中はめっちゃトロトロでなにコレ!っていう逸品。美味。

炭焼きもうちょっと食べよ。九絵(クエ)!これもタマラン・・これは日本酒いくしかない。大将におまかせでお願いして出てきたのは「鳳陽(ほうよう)」!なにこれうまい。

もう一品、炭焼き追加。牛塩たたき!適度に脂が落ちつつ、牛肉の旨みがぎゅっと詰まってる。。

日本酒のラインナップを見せてもらった。え・・すごいお酒をめっちゃ取り揃えてる。これは通わざるをえない。。

天ぷらを盛り合わせにしてもらった。素材はもちろんだけど、やっぱり揚げの技術がすごいなぁ。さくっと揚がってる。えーと、ここまでけっこう食べてるのに今日の僕はまだ食べれそう。よし、もう一品行っとこ!

サーロイン丼!おぉ・・久しぶりのこの迫力。やっぱ香炉のサーロイン丼は旨い。なにせこの和風ダレがめっちゃご飯にあう。小ぶりの丼だけどすごい満足感。こんな贅沢なシメ方ができるとは。。じつに大人のごちそうっていう感じ。

たのしい時間は尽きないですね。このほかにもいくつか飲み食いしてこの日の会計は二人で18,000円ぐらいだったと思う。いやーおいしかった、これは通ってしまいそう。ごちそうさまでした。

旬彩 香炉







-和食・寿司・食堂
-,

Copyright© ぱくるり@浜松 , 2018 All Rights Reserved.