和食・寿司・食堂

磐田「とん汁 桝形」は気取らず過ごせるノスタルジックな大衆食堂。

投稿日:2018年2月28日 更新日:




ロードサイドの大衆食堂の老舗「とん汁 桝形」

磐田の「とん汁 桝形(ますがた)」です。前々から気になっていたんだけど、入るのは今日が初めて。駐車場も店内もいっぱい。地元の中高年の方を中心にめっちゃ賑わってる。

セルフの定食屋スタイル

こちらはセルフの定食屋。ショーケースの中から好きなおかずを取ってMy定食を作るという昔ながらのスタイル。このスタイルも初めてだよ。なにせ作法がわからなくてめっちゃ戸惑った。参考までに入店から会計までの流れをざっとまとめとこう。

枡形の入店から会計までの流れ

・トレイ、おしぼり、湯呑みを取ってセルフの列に並ぶ

・おばちゃんが近づいてきてご飯のサイズ、とん汁の有無とサイズを聞かれる(中=普通)

・ケースから好きなおかずを取り、空いている席につく

・卓上の急須でお茶を注いでいると、ご飯ととん汁が運ばれてくる

・食べ始めると、おばちゃんが注文内容をチェックして伝票を置いていく

・食べ終えたら伝票を持ってレジに行き精算

まあ知ってる人にはなんてことないと思うけど、初めての人は絶対戸惑うと思う。

僕の本日の定食はこちら

じゃん!こんな感じになったよ。つい取りすぎたか。

まずはとん汁(中)。これがメインと言っても過言ではない。具は豆腐と豚肉とネギのみのシンプルさだけど、しっかりした味でじゅうぶんご飯のおかずになる。鶏ガラとかも使ってじっくり出汁を取ってるみたい。味噌も4種類使ってるんだって。旨い。

ごはん(中)。普通に旨い。

メインはサバの塩焼きにしてみた。「サービス品」っていうPOPに惹かれてんなぁ。焼き加減も塩加減もよかった。ほかにもサバ煮込みとかカツとじ、コロッケとか美味しそうなんがいろいろあってめっちゃ迷った。僕わりと優柔不断だからなぁ。

お刺身もいろいろあって、僕は生しらすにしてみた。おいしい。マグロの刺身もかなり旨そうだったんで、次回チャレンジしてみたい。

ポテサラ。ハムたっぷり乗ってるなぁ。一応野菜も取らなアカン。

おかずはどれもしっかりした味で、ご飯が進みまくる。旨い。これはオカズの数を減らしてご飯を(大)にすべきだったかもしれん。なにせご飯(中)が足りなくなる勢いだった。

それにしてもこの店の従業員のおかあさんたち、みんな感じがいい。自然な目配り・気配りがめざといし、接客がなんだかあたたかい。素朴でいい感じ。

いやー食べた。ボリュームあったけど、最後は必死に食べた。なにせ残したらおかあさんたちに悪い気がした。

とん汁(中)が280円、ご飯(中)が250円みたい。次に来るときはとん汁は(小)でもいいかなぁ。

地元の人とのふれあいにホッコリ

食べてる途中、隣に座ってたおかあさんが話しかけてくれた。お互いひとりメシやってんなあ。たわいもない世間話っていう感じのごく自然な雑談。なんかゆったりとした時間が流れてた。昨今、こういう地元の人同士のふれあいって失われかけてるわけで、それがごく自然にあることにびっくりした。でも大事だと思う。

会計はいくらだったっけ・・確か1,290円だったかな?まあみんな1,000円前後ぐらいみたい。よかった。また来てみたい。なにせ昭和から時間が止まったかのような店。もちろん味もサービスも折り紙つき。気取らないほっこりするひと時を過ごせる店。よかった。また行きたい。ごちそうさまでした。







-和食・寿司・食堂
-,

Copyright© ぱくるり@浜松 , 2018 All Rights Reserved.