ラーメン

おめでとう15周年!「七星」の新メニュー“油そば”は麺食いなら必食の一杯

投稿日:




15周年を迎える富塚の人気ラーメン店「七星」

富塚の「七星」です。15周年を迎えたということで立派な花輪が出迎えてくれました。

新メニューの“油そば”が気になる

今日は新メニューの「油そば」に突撃することにした。前から気になってはいたんだけど、定番の和歌山ラーメンと煮干し豚骨がお気に入りすぎてなかなか試せなかってんなあ。今日は満を持しての挑戦。

七星の「油そば(800円)」

じゃーん。七星の「油そば(800円)」だよ。大盛(麺二玉)無料、追い飯無料みたい。

麺はいつもの細麺なんだけど、ラーメンよりスープが少ないぶん麺の旨味がよりダイレクトに味わえる感じ。これはイイじゃん!旨いよ。

“油そば”といっても意外とオイリーじゃない

スープはこんな感じ。油そばとはいえスープの量はけっこうあるなあ。しかも意外と油っぽくないんだよ。僕は油そばってほとんど食べたことなくて、勝手に油でめっちゃヌルヌルみたいなイメージでいたんで、ちょっと意外な気がした。このスープ、ダシ感たっぷりで美味しい。コクは濃厚なのに全然コッテリしてない感じ。目からウロコのおいしさやってんなあ。麺食いの皆さんにはぜひおすすめしたい。

チャーシューも大盤振る舞いやった。めっちゃ量ある。細かくほぐされてて食べやすいしボリューム満点。味も間違いなく旨い。これははかどる。

僕はわりと食が細いんで普通盛り(麺1玉)で頼んだんだけど、いつも以上にボリュームあるように感じられたなあ。後半は酢とラー油もかけて食べてみた。かなりよかった。

いやー美味かった。キレイに完食。ていうか見て?やっぱりスープ、全然油っぽくないよね・・と思っていたら、オーナーが無料の追い飯を勧めてくれた。追い飯かぁ。ここまででもかなり満足感あったんだけど・・よし、一丁いってみよ。

じゃん。無料の“追い飯”です。ご飯の量は少なめでお願いしてみた。山椒が香る黒ラー油で食べるみたい。おー!確かに美味しい。トッピン具をちょっと残しとくべきやった。でも濃厚ダレがごはんに染みて旨い。七星の油そばは“追い飯”まで込みで楽しむのが正解みたい。追い飯のためにトッピン具とお腹を残しておきたい。

いやーおいしかった。冒頭でも言ったけど、今まで七星は定番の和歌山ラーメンと煮干し豚骨がお気に入りすぎて、なかなか新メニューに挑戦できずにいた。でもこの油そばは旨い。さすが15周年の実力はダテじゃなかった。油そば、先発ローテーション入り決定です。

店内にも15周年を祝う花が飾ってあった。きっと地元のみんなから愛されてるお店なんだと思う。そうでなければ15年も継続できないよなぁ。でも七星のオーナーの姿を見ているとそれも納得。真摯な姿勢、飽くなき向上心、謙虚な物腰。じつにパッション(情熱)を感じる。僕もその熱量に惹かれてこの店に通っているのかもしれない。いちファンとしてこれからも通い続けたいと思う。おいしかった。また来ます。ごちそうさまでした。







-ラーメン
-,

Copyright© ぱくるり@浜松 , 2018 All Rights Reserved.