蕎麦・うどん

街なか「Basso 鍛冶庵」では本格十割そばがカジュアルに楽しめる

投稿日:




肴町をランチ散策

今日は肴町で用事があったので、そのついでにランチ散策。どこに行こうかな。ララカレーもいいけど、まだ行ったことのないお店も開拓したいなあ。

鍛冶町通りに出てきました。それにしても今日は暑い。かなん。

お!「十割そば」ののぼりと目があった!

こちらでは十割そばが食べられるみたい。本日は山形産のそば粉か、いいじゃん。入ってみよ。

会計は食券制

まずは入口で食券を買うみたい。えーと、とりあえず人気No.1の「十割、粗挽そば二種盛」にしよ。あと「野菜天」もつけよかな。これで1,400円。

カジュアルな店内

十割そばを出すというこだわりの一方、店内はけっこうカジュアル。入りやすい感じ。

いつものメガネ画像。ぱくるり参上👓 的な

待っているあいだに卓上のポップで予習しとこ。何も混ぜない本物の蕎麦かー。期待が高まるなあ。

粗挽き蕎麦のつなぎには小麦と山芋を使ってるんだって。そして蕎麦粉の比率は、二八とかよく聞くけどこちらは四六。

無化調、人工添加物不使用

化学調味料、人工添加物を一切使用していないみたい。いいね。

「十割、粗挽そば二種盛」と「野菜天」

キター これかなりボリュームあるなぁ。若干ひるんだ。

お蕎麦はボリュームがある

見てこのボリューム。海苔が豪快な太さだなあ。

手前の緑がかったのが十割みたい。かなりコシがあるなあ。ピッとカドが立ってる感じ。十割といえど香りはそこそこかなあ。

奥が粗挽き蕎麦。つなぎを使うせいか、こっちのほうがしんなりしてた。香りはどちらもそう変わらないような・・・ぼくの鼻が調子悪いのかな?

ツユは辛めかな。このあたりの蕎麦屋には珍しく胡麻ダレみたいなのも付いてきた。味変というかアクセントにはいいかなぁ。

薬味はこんな感じだった。シャキッとしてたよ。

野菜天は300円とは思えんボリュームだった。これは半端ない。この半分の量でも問題ないと思う。天種は、レンコン、かぼちゃ、ゴボウ、ピーマン、エリンギ・・まだあったかも。

最後は蕎麦湯でフィニッシュやね。とろっとしてた。おいしい。

いやー食べた。なんとか食べきった。こちらのお店、ずいぶん盛りがいいと思う。そして鍛冶町通りに面したザザシティの真向かいという立地もアクセス便利でいいと思う。「十割そば」とか「無化調」といったキーワードもわかりやすい。まあここからさらに進化&深化の途上なのかもしれないけど。ごちそうさまでした!

-蕎麦・うどん
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です







Copyright© ぱくるり@浜松 , 2018 All Rights Reserved.