ラーメン 雑談

【新店】街中にできたシェア屋台「肴町Little」に行ってみた。復活した“sonogo no kakeru”の中華そばを味わう!

投稿日:2018年3月2日 更新日:




街なかに生まれたシェア屋台「肴町Little」

肴町の「肴町Little」に行ってきました。屋台村?シェア屋台?という感じ。

Facebookページにはこんな風に書いてあった。

2018年2月17日オープン・出店者募集中!
肴町Littleは、浜松街なかのビルの隙間にある小さな屋台スペースです。
ランチタイムやちょっとしたディナーを楽しめる、インディペンデントで親しみのあるお店があなたを待っています。
曜日・時間帯でお店が変わるので、訪れる度新たな出会いがあります。
アイデアがあれば、誰でも気軽に屋台を借りて自分のお店を始めることができます。肴町Littleは、あなたのスモールビジネスをサポートします。

なにやらインディペンデントな場所らしい。

「肴町Little」の場所はこちら

場所は肴町のアーサーとかリーダーの裏の路地。

路地の入り口に小さな看板が出ていました。トラスがシンボルみたい。さっそく入ってみました。

寒そうで寒くない店内

店内は意外なほど暖かい。ストーブが大活躍。

天井は無く、屋根も半透明。開放感ばつぐんだけど、これ夏は暑いのと違うかなぁ。

肴町リトルに復活したラーメン店「sonogo no kakeru」

この日のお昼の営業は「sonogo no kakeru」さん、一店のみ。ゆくゆくは2〜3店舗が同時に営業して屋台村という感じになるのかな。

こちらのお店、前に城北高校のそばで営業していた「麺喰いkakeru」さんとのこと。じつはそのときに一度お邪魔したことがあったんだけど、そのときにはすでに営業を終了されていて食べそびれていた。なんとも意外な形で巡り合うことができた。

「sonogo no kakeru」のメニューはこんな感じ

オススメは辛味メニューか。mazeruというまぜそばも気になるなあ。でもまずは基本から。「中華そば(700円)」に「味玉(100円)」を付けてみた。麺の太さを選べたんで、太麺にしてみた。

sonogo no kakeruの中華そば・味玉

じゃん!sonogo no kakeruの中華そば・味玉はこんな感じ。

いい香り。

澄んだスープ。熱々でおいしい。

プリッとした太麺。ツルツルしてるなぁ。

ほぐしたメンマもいいね。スープにはけっこうオイルも浮いてる。

鶏チャーはあっさり、しっとり。うん、おいしかった。

この日は偶然となりの席に居合わせたOさんともいろいろお話することができた。Oさんとも色々なとこでよくお会いするなぁ。すごい情報通。

営業カレンダーによると、この日の夜は「しょぼくれ夕日飯店」という店が営業するみたい。ナチュラルワインと点心がある屋台だって。こちらも気になる感じ。また行ってみたいね。ごちそうさまでした。

肴町Little Facebookはこちら

肴町Little Instagramはこちら







-ラーメン, 雑談
-, ,

Copyright© ぱくるり@浜松 , 2018 All Rights Reserved.