機材の話 雑談

新「iPad」を買おうとしてる人!安さにつられて飛びつくと後悔するかも

投稿日:




新「iPad」出ましたね

新しい9.7インチ「iPad」がリリースされましたね。Apple Pencilに対応したり、プロセッサがA10 Fusionになったりして37,800円(税別)からという価格に割安感を感じる人が多いみたい。でも安さにつられて飛びつくと後悔するかも・・?

僕は2017年からiPad pro(10.5インチ)を使ってるんだけど、やっぱりiPad proが正解だと思うんですよね・・・。というわけで今日はそんなことを書きます。

充電時のLightningケーブルの抜き差し、面倒じゃないですか?

新「iPad」の充電は従来同様、Lightningケーブルを差さないといけない。これっていい加減面倒じゃないですか?

一方 iPad proにはスマートキーボード用の「スマートコネクター」があって、じつはみんな見落としがちだけどスマートコネクターから充電できるんですよ

たとえば、こちらのiPad pro用「Logi BASE充電スタンド」を使うと、iPad proをこのスタンドに置くだけでスマートコネクターから充電される。

マグネットで充電用接点がカチッとくっつくので、いちいちケーブル抜き差しする手間が省けて超便利。正直、この充電スタンド使うためだけにiPad proにしてもいいぐらい。値段は12,000円オーバーとちょっと高いけど、これほんと便利。

 

 

たかが0.8インチ、されど0.8インチ

ディスプレイサイズの違いも無視できない。新「iPad」が9.7インチに対してiPad proは10.5インチとたった0.8インチの差なんだけど、一度10.5インチを使ってしまうと9.7インチの手狭感は否めない。なにせ額縁が太く感じる。

apple公式サイトのiPad各モデル比較ページを見ると、なぜかディスプレイ背面の写真なんだよね。これってディスプレイ面を並べると10.5インチと較べて9.7インチの狭さが露呈するからじゃない?確かに筐体もちょっと大きくなるけど、やっぱり10.5インチが圧倒的にいいと思う。12.9インチは持ち歩くには大きすぎるし。

ディスプレイの仕様も簡素

あとディスプレイの仕様も違う。新「iPad」では、iPad proで採用されている「フルラミネーションディスプレイ」「反射防止コーティング」「ProMotionテクノロジー」「広色域ディスプレイ(P3)」「True Toneディスプレイ」が省かれている。

リフレッシュレートが低い

新「iPad」のリフレッシュレートは従来から変わらず、60Hz。一方のiPad Proは120Hz。リフレッシュレートとは『1秒間に画面を何回書き換えるか』の指標。120Hzだと1秒間に120回画面を書き換えられるんで、画面の動きが精細で滑らかになる。これが半分の60Hzとなると・・apple pencilの使用感にはだいぶ影響あるんじゃない?タッチペンの追従性とか遅延の問題があるような気がする。

 

まあほかにもいろいろあるんだけど、現時点のぱくるり推奨は「iPad pro(10.5インチ)」です。6月4日に開催されるWWDC 2018でiPad Proの新型が発表される見込みだから、急いで買わなくていい人はそれを待つのもおすすめ。

というわけで、新「iPad」も悪くないけど、買うときはよく比較検討しましょうということで。







-機材の話, 雑談

Copyright© ぱくるり@浜松 , 2018 All Rights Reserved.