洋食

洋食の名店、一度は行くべし。千歳の「キッチントム」

投稿日:2017年2月20日 更新日:




千歳の路地にひっそりとある洋食店、キッチンTOMでランチ。

お目当てはランチのビーフシチュー。キッチントムのビーフシチューは絶品。



12時頃お店に着いた。カウンターに着席。どうやら2階席にもお客さんいるみたい。

一緒に行った人はビーフシチュー+エビフライのランチにしたみたい。それにライスが付いて2,550円。僕はタンシチュー+蟹コロッケにした。ライス付きで2,250円。

カウンター越しに僕らの料理が整っていくのを眺めつつ、しばし待つ。古いながらも整頓された店内、いい雰囲気。2階に料理を運ぶときには、マスターが岡持ちに入れて狭い階段を上がっていく。大変そうだけど、夫婦おふたりで店を切り盛りしているようすはいい感じ。

ビーフシチュー。間違いなく美味しいのが伝わるビジュアル。僕らが思い浮かべる一般的なビーフシチューとはだいぶ違うかんじで、これが旨い。静岡そだちらしい甘みを感じる牛肉が上品でパワーのある一品。野菜が瑞々しく、キラキラしている。香りや苦味。野菜の味がちゃんとする。酸味の効いたドレッシングも食欲を刺激する。

こちらがタンシチュー。黒褐色に照り輝くシチューをまとった柔らかそうな肉、狐色に揚がったフライ。タンシチュー、濃厚でおいしい。肉の繊維質をしっかりと残しつつ、ナイフがいらないほど柔らかな触感に煮込んである。繊維がほどけていく感覚がたまらない。

フライも最高。蟹コロッケはザクザクとした食感の衣で包まれたベシャメルソースの中に蟹がたっぷり。旨い。海老フライも海老の香りがしっかり広がる。ぷりっとした新鮮な食感も醍醐味。大満足。今日のお会計は4,800円。帰る道々、おいしかったね、おいしかったね、と何度も話し合いながら帰れる店。おすすめです。ごちそうさまでした。

Copyright© ぱくるり@浜松 , 2018 All Rights Reserved.